未来は「今」だ!
ESDスペシャリスト育成プロジェクト
第3期を始動します!

今、世界では、貧困、人権、平和、経済、不平等など、さまざまな地球規模の問題が起こっています。地球に存在する人間を含めた生物が、遠い未来まで命の営みを続けていくことができるように、これらの課題を自らのこととして、一人ひとりが自分にできることを考え、身近なところから実践していくESD(Education for Sustainable Development:持続可能な開発のための教育)が進められています。ESDに取り組むことで、課題解決につながる新たな価値観や行動を生み出し、持続可能な社会を創造していくことを目指しています。つまり、ESDは持続可能な社会づくりの担い手を育む教育ということができます。

JIELでは2017年よりESDスペシャリスト育成プロジェクトとして、さまざまな社会問題に立ち向かう、ESDの実践者(Change Agent)の育成に取り組んでいます。現在までに2期、約30名が修了され、学んだことや仲間のネットワークを活かして、全国各地のさまざまなフィールドで活躍されています。

コロナ感染症が猛威をふるった2020年、JIELで運営している教育プラグラムのほとんどを、オンラインに変更したり、中止にしたりと、変化を余儀なくされました。このような事態において、自分たちが提供したい学び、養成したい人とはどういう人なのかを改めて考える時になりました。人とのつながりを制約される中、柔軟な発想でつながりを生み出す力、どのような事態におちいっても自分に何ができるかを考え困難な状況を切り拓く力、自分や仲間のリソースを活かしてコラボレーションを促進する力を持つ、チェンジエージェントを育成したいと考えています。そして、2021年、第3期ESDスペシャリスト育成プロジェクトを再始動します!

[講座のラインナップ]

ESDスペシャリスト育成プロジェクトは、①「知る」、②「デザインする」、③「実践する」、の大きく3つのカテゴリーで組み立てられています。それぞれのカテゴリーにはいくつかの講座を用意しています。

①「知る」
・ESDやSDGとは何かを知る
・ラボラトリー体験学習の学び方を知る
・ESD実践者(修了者)の声を聴く

②「デザインする」
・インタープリタートレーニング:自然を活かしたプログラムをデザインする
・フューチャーサーチ:未来をデザインする
・ESDスペシャリストネットワークミーティング:コラボレーションをデザインする

③「実践する」
・フィールドワーク
・チームで課題解決のプロジェクト活動の実施
・プロジェクト活動の報告会

※申し込み方法、受講料は現在調整中です。
※各講座の詳細は決まり次第、ホームページに公開していきます。どうぞご注目下さい。

[こんな人におすすめです]

  • ESDやSDGsに関心を持っている人
  • 自分のフィールドでESDを実践し、推進したい人
  • 仲間をつくり、コラボレーションの可能性を模索し、社会変革に貢献したい人
  • 自分のリソースを活かして、SDGs達成のためにできることを探求したい人

ぜひ、わたしたちと一緒にプロジェクトにご参加ください!