スタッフ紹介

■ 代表理事・所長

tsumura-b

津村 俊充
(南山大学名誉教授)

名古屋大学大学院教育心理学専攻博士課程前期修了。教育学修士。さまざまな教育現場や組織開発への体験学習の導入・普及に関心をもつ。また、企業のリーダーシップトレーニング、メンタリング導入研修などのプログラム開発と実践。マサチューセッツ大学教育学大学院にてセルフサイエンスを学ぶ。同時にNTLにてラボラトリー方式の体験学習のトレーナートレーニングを受ける。最近は、NTL主催のAppreciative Inquiry Approachによる「Designing Experiential-Based Learning」のプログラムなどに参加し、対話型組織開発に関心をもつ。南山大学名誉教授。2011年に、日本人では初めてNTL Instituteメンバーとして認められる。

■ 名誉研究員

Exif_JPEG_PICTURE

星野 欣生
(南山短期大学名誉教授)

京都大学法学部卒業。家庭裁判所調査官、ビジネスコンサルタントを経て、現在、南山短期大学名誉教授。米国SIT(School for International Training)にて体験学習の教授・学習過程を研究。NTLでラボラトリーメソッドによる体験学習の基礎と実践応用を学ぶとともに、トレーナートレー ニングを受ける。生涯学習、組織開発、とりわけ組織内教育や組織内教育のトレーナー養成を専門とする。

■ 研究員(順不同)

hayashi

林 芳孝
(南山大学大学院人間文化研究科教育ファシリテーション専攻修了)

慶應義塾大学法学部法律学科卒業。情報機器メーカー在職中は海外営業、商品企画、新事業立ち上げ等に従事。退職後、国際協力事業団の派遣によりブラジル国リオデジャネイロ市において移住者・日系人・日系団体の支援活動事業に携わる。現在、ポジティブ心理学や幸福学をベースにした体験学習を活用して大学等で「キャリア開発」「人間関係論」「ビジネス応対」などの授業を担当する他、企業・団体・教育・看護・福祉を始めとした様々な分野でリーダーシップ、ファシリテーション、コミュニケーション等の研修を行っている。産業カウンセラー、社会保険労務士の資格を有し、経営や労務の分野の相談やコンサルテーションも行う。一人ひとりの尊厳が大切にされるウェルビーイング社会の創造を目指す。修士(教育ファシリテーション)。


kishida

岸田 美穂
(南山大学大学院人間文化研究科教育ファシリテーション専攻修了)

名古屋大学教育学部教育心理学科卒業後、教育関係の広告代理店にて、高校生の進路選択に関する情報提供、広報やイベントの企画提案、改革支援、大学生の進 路・就職支援に関するプランニング・講演、キャリア相談などにかかわる。自らが主体的にキャリアを選択するためのかかわりを模索する中で体験学習と出会 う。マネジメント職として社員の成長、お互いを活かしたチーム、組織変革、個人とグループの発達などにも関心をもつ。学習者の可能性を信じ、個を生かし、 共に学び、成長していくファシリテーションをめざしている。修士(教育ファシリテーション)。


今岡 まゆみ

高校卒業後、航空会社に入社、約17年勤務している間に通信教育で大学を卒業。介護離職後、人にかかわる法律を学びなおし、2005年から6年間は労働局等の行政機関で勤務。育児・介護休業法、労働基準法、ハラスメントなどの相談・個別労働紛争にかかわる業務に携わる。様々な相談の中には、人間関係にかかわる配慮不足や尊重しあう関係性がないためにトラブルになっていくケースがあり、関係性の構築がいかに大切かを思い知る。ハラスメント予防やメンタルケアにも役立つ相互尊重のコミュニケーション=アサーションの探求を続け、社会貢献をめざしている。特定社会保険労務士。産業カウンセラー。ハラスメント防止コンサルタント。財団法人生涯学習開発財団認定ワークショップデザイナー。キャリア・コンサルタント。


kishida

國武恵
(南山大学大学院人間文化研究科教育ファシリテーション専攻修了)

玉川大学を卒業後、17年間、小学校教員として横浜市立小学校に勤務。子どもどうし、子どもと自分のより豊かな関わり方を模索する中、ラボラトリー方式の体験学習と同じ流れをもつ、学校グループワーク・トレーニングと出会い、学校現場で実践を重ねる。実践の効果を立証するため、源流を学びに南山大学大学院へ。その後、某学習塾のイベント企画推進室に勤務。学校も塾も超え、より豊かな人生を歩もうとする子どもをはじめとする、全ての人の「学ぶ」のサポートをライフワークとしている。グループワーク・トレーニングを軸に、エンカウンター、アドラー心理学、シュタイナー教育、アサーショントレーニング、ナラティブセラピー、NVC(非暴力コミュニケーション)などなど、自分もより豊かな人生を歩み中。修士(教育ファシリテーション)。
共著:「協力すれば何かが変わる」「学校グループワーク・トレーニング3」「学校グループワーク・トレーニング4」(図書文化社)


岡田衣津子
(南山大学大学院人間文化研究科教育ファシリテーション専攻修了)

南山短期大学人間関係科卒業後、アパレル通販会社に就職。祖母の介護をきっかけに退職し、社会福祉士資格を取得後、精神科病院に勤務し、ソーシャルワーカーとして当事者や家族の相談支援や地域移行支援に従事した。南山大学大学院卒業後は、医療福祉系の専門学校で精神保健福祉士の養成に携わった。社会課題への住民参加、住民の主体性形成に関心をもち、現在は行政職員として地域コミュニティの活性化支援を行っている。一人一人が語る言葉を大切にし、多様性を生かしあえる社会の創造と、コミュニティにおける対話の文化の醸成を目指している。日本福祉大学大学院国際社会開発専攻博士課程在学中。社会福祉士、精神保健福祉士、修士(教育ファシリテーション)。


mizuno

水野 節子
(南山大学大学院人間文化研究科教育ファシリテーション専攻修了)

日本福祉大学福祉経営学部助教。アサーションやNVC等の自他尊重のコミュニケーション、さらには自己一致したリーダーシップに関する研究と実践を続ける。また、メタファーを用いたナラティブの研究も行う。2014年より現職。赴任前は25年間プランナー、コピーライターとして活動。数多くの企業取材を通じて、人的資源の有効活用と組織開発に興味を持ち、南山大学大学院人間文化研究科教育ファシリテーション専攻に入学。大学院在学中から、ライターとしての活動とともにファシリテーターとしての活動を開始した。キャリアコンサルタント。2級キャリアコンサルティング技能士。米国CCEInc認定GCDF-Japan。修士(教育ファシリテーション)。


suzukiyuko

鈴木 由子
(南山大学大学院人間文化研究科教育ファシリテーション専攻修了)

看護専門学校を卒業後、看護師として総合病院に29年間勤務。看護医療の分野に対人関係能力の向上が不可欠と気づき、ラボラトリー方式の体験学習を学ぶ。その中で看護師は、ファシリテーターとして存在することが看護およびチーム医療には必要と考えようになる。その他にもアサーション、AI(Appreciative Inquiry)アプローチ、マインドフルネスなどを学んでいる。これからの人材育成には、問題解決思考よりはアプリシェイティブな物の見方が必要だと考え実践を行い、組織に広がることを目指している。現在は病院を退職して、医療・福祉施設を主にコミュニケーション、リーダーシップ、ファシリテーションなどの講師を行っている。ほかにも、県内の看護専門学校2校の非常勤講師として人間関係論の講義を担当する。
修士(教育ファシリテーション)。


後藤雅子
(南山大学大学院人間文化研究科教育ファシリテーション専攻修了)

千葉県立衛生短期大学卒業後、こども病院併設の重症心身障がい児施設や訪問看護ステーションで看護師として活動しながら介護支援専門員の資格を取得。その後、神奈川県看護教育大学校で地域看護を学び、セネガル共和国(青年海外協力隊)にて地域看護師として派遣され活動。帰国後は訪問健康支援の会社で特定保健指導のなどの健康支援を行い、働きながら保健師の資格を取得。保健師資格取得後は産業保健師として企業内で従業員のさまざまな健康支援を実践した。さまざまな場面や人との関わりの中で健康教育の重要性を実感し効果的な健康教育を追求したくなり南山大学の教育ファシリテーション専攻に進学し、協同学習の考え方を用いた健康教育を実践。さまざまな学びや人との出会いから、健康とはその人がその人らしくあることであり、その人がその人らしく生きていけるように関わりを持ちたいと思っている。現在は認知症高齢者支援など地域でさまざまな健康支援の活動を行っている。看護師・保健師・介護支援専門員・キャリアコンサルタント。
共著:「教育ファシリテーターになろう」(弘文堂)


■垣内 芳文
(南山大学人文学部心理人間学科卒業)

OA機器メーカーでIT営業、経営コンサルティング会社で経営コンサルタント業に従事したのち独立。
現在は組織開発ファシリテーターとして、中小企業診断士として経営支援の現場でイキイキした組織づくりとビジネス的な成果の両面を支援している。組織支援やリーダー研修等においてもAI(Appreciative Inquiry)の哲学や原理をベースとし、企業に活力と成果をもたらす職場づくりをクライアント様とともに探求している。
近年、ニュージーランドにてナラティヴ・アプロ―チに出会い、組織や組織で働く人の文脈での適用を実践の中で探求している。