~社会に貢献し、実践をしたい人のために~未来を創る人づくり講座(旧「ESDスペシャリスト育成講座」)

当講座は開催予定です。
詳細が決まり次第、当ページでおしらせします。

環境、人権、貧困、一人一人の働き方などさまざまな社会課題の深刻化を背景に、2015年に国連サミットでSDGs(持続可能な開発目標)が採択され、現在にいたるまで人々の関心が高まり続けています。
日本体験学習研究所(JIEL)は、当団体の核となる「ラボラトリー方式の体験学習」の精神とSDGs、とりわけ持続可能な社会づくりに欠かせない「人づくり」への取り組みであるESD(持続可能な開発のための教育)との共通性に着目し、2017年度から2年間にわたり「ESDスペシャリスト育成プロジェクト」を実施しました。
当講座は延べ66名の方に受講していただき、ESDの実践に必要な考え方、視点、技術などを学ぶとともに、実践者とのコミュニティが生まれ、それぞれが関心を寄せるフィールドで、講座での学びを活かして自分にできることを見出しました。受講後は「受講生同士がコラボレーションしてイベントを行った」、「今までの活動にESDの視点を取り入れてさらに発展させた」といった実践報告が多数寄せられる行動につながるプロジェクトとなりました。

2019年度は、ESDが目指し、育もうとしている「人間の尊重」、「多様性の尊重」などの価値を基盤に置きながら、社会課題を知ること、対話すること、そして実践することに重きを置いた「未来を創る人づくり講座」を開催することになりました。社会で起こっている様々な課題に関心を持ち、持続可能な社会のために貢献したいと願っている人々の思いに応え、みなさんが実現したい未来に向けての実践を全力で支援したいと考えています。


本講座は、基礎講座「社会課題に目を向ける」実践講座「未来創りの実践者になる」の2部構成になっています。

[基礎講座]
基礎講座は、多様なフィールドで社会課題に取り組む実践者が行っている活動を知り、そのアプローチの方法、視点、考え方を体験しながら学びます。異なる分野のアプローチ手法を知ることは、別の分野が抱える課題の解決につながる視点の広がりや発見にもつながるでしょう。
みなさんが関心をもつさまざまな社会課題をどのように乗り越えることができるか、「自分にできること」を考え、見つけ出す機会となります。

[実践講座]
実践講座は、基礎講座で考えた「自分にできること」を実践につなげていくプログラムです。多くの社会課題の現場には多様なステークホルダー(利害関係者)が存在し、「対話」や「相互理解」が不可欠です。
ここでは対話や相互理解を促すプログラムづくりの基礎やワークショップを実施する際に必要なファシリテーションスキルについて学び、みなさんが実現したい未来への道を描いていきます。
講座は概要を紹介する導入回を除き、基礎講座4回、実践講座4回で構成しています。各回単科、基礎講座だけ、実践講座だけの受講も可能ですが、学びの効果を最大化するためにも全8回を通して受講されることをおすすめします。

【ねらい】

  1. 社会課題に目を向け、理解から解決へ一歩を踏み出す
  2. 実践者の取り組みを知り、自分達にできることを見つけ出す
  3. 共に学び、支え合う関係をつくる

【想定する対象者】

  1. 社会のために役に立ちたい、これから何かを始めたいと思っている人
  2. SDGs達成や社会課題の解決に興味や関心がある人
  3. 既に社会活動を実践されていて、さらに知識やスキルを深めたい人
  4. ひとりひとりの違いを認め合う社会を作りたい人

【講座概要】

開催日タイトル担当スタッフ
導入回2019年4月20日(土)講座概要の紹介とミニワーク 
(ESDの受講生を招き、体験したこと、実践状況を報告⇒それをもとに対話)
☆基礎講座「社会課題に目を向ける」
第1回2019年6月11日(火)「人権尊重の社会づくり」今岡/岡田
第2回2019年7月20日(土)「コミュニティづくり」岡田/?
第3回2019年8月10日(土)「働き方・職場づくり」垣内/林
第4回2019年8月31日~9月1日(清里)「SDGs(持続可能な開発目標)」増田
☆実践講座「未来創りの実践者になる」
第1回2019年9月21日(土)プログラムづくり、体験学習の基礎を学ぶ」津村
第2回2019年10月20日(日)「実践のためのファシリテーション講座」みんな
第3回2019年11月9日(土)~10日(日)伊勢(予定)「参加者メンバーで未来を描く」泊り研修センター伊勢?
第4回2020年1月18日or 2月29日「プログラム企画発表会」

詳細は近日公開しますので、しばらくお待ちください。

–>