第2回「ファシリテーターの道具箱―対話の促進に役立つツールを学ぼう―」(中止となりました)

タイトル
-地域住民の参加を促すファシリテーション-
第2回「ファシリテーターの道具箱―対話の促進に役立つツールを学ぼう―」(4/4 中止となりました)
日程
2020年7月12日(日)10:00〜17:00
担当
岡田 衣津子 他
定員
12(残0)名
会場
ヒューマンコラボレーションセンターHCC
名古屋市天白区原1丁目2304 ライオンズマンション原102HCC
参加費
9,900円(9,000円+税)

ワークショップの概要

 地域コミュニティの中で、そこに暮らす人々とのつながりを作るためには、お祭りやもちつき大会、防災訓練、清掃活動などさまざまなイベントや行事が行われています。そのイベントや行事をするにも、人々との対話が重要になります。この講座では、地域コミュニティを構成する多様な価値観や考え方を持つ人々それぞれの持ち味を生かし合うために必要な働きかけや支援を理解するとともに、その際に持っているとよいツール「ファシリテーターの道具」を学びます。地域コミュニティ活性化支援の現場で、さまざまな住民対話の場で実際に役立ったものを体験談とともに紹介したいと思います。特に、ご自身のフィールドの中で、ファシリテーターとしての役割を持っていない人でも、その視点や姿勢、機能を学び、普段の人間関係に役立てることも可能です。

【こんな人におすすめ】

  • 地域コミュニティの活動に参加したいと思っている人
  • 自治会などの組織に属し、自らの地域を活性化したいと考えている人
  • 行政職員など、地域コミュニティに関わっている人
  • 地域の中で対話の場を創りたい人
ご申し込みいただく前に、『受講申込手順と受講キャンセルについて』を必ずお読みください。
キャンセル待ちを希望される方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

講座申込専用フォーム