第1回「対話のツールを創る―地域住民の主体的な参加を促進するツールを創ろう―」(中止となりました)

タイトル
-地域住民の参加を促すファシリテーション-
第1回「対話のツールを創る―地域住民の主体的な参加を促進するツールを創ろう―」(4/4 中止となりました)
日程
2020年6月14日(日)10:00〜17:00
担当
岡田 衣津子 他
定員
12(残12)名
会場
ヒューマンコラボレーションセンターHCC
名古屋市天白区原1丁目2304 ライオンズマンション原102HCC
参加費
9,900円(9,000円+税)

ワークショップの概要

 地域コミュニティの中で、そこに暮らす人々とのつながりを作るために、お祭りやもちつき大会、防災訓練、清掃活動などさまざまなイベントや行事が行われています。人間関係が希薄になった現代社会において、これらの活動の担い手不足の問題が深刻になっています。しかし、自然災害が起こった時の住民同士のつながりが、二次的な被害を食い止めたという話がニュースになり、普段からの顔の見える関係が重要であると言われます。この講座では、特に地域コミュニティの中で行われている活動にあまり関心を持っていない人に対して、主体的な参加を促進するための実習などのツールを作成します。参加者のみなさんが持つ地域の課題をもちより、それを共有しながら、どのようなツールができるが、楽しみながら進めていきたいと思います。すでに作成されているものも参考にして、多くの人が楽しみながら学べるものものを作りましょう。

【こんな人におすすめ】

  • 地域コミュニティの活動に参加したいと思っている人
  • 自治会などの組織に属し、自らの地域を活性化したいと考えている人
  • 行政職員など、地域コミュニティに関わっている人
  • 地域の中で対話の場を創りたい人
ご申し込みいただく前に、『受講申込手順と受講キャンセルについて』を必ずお読みください。
キャンセル待ちを希望される方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

講座申込専用フォーム