未来を創る人の「輪」プロジェクト第1期 第5回

タイトル
対話を通して「今」から未来づくりを始めよう
第5回 企業とSDGs~組織の力で未来を創る~
日程
2019年10月20日(日)13:00~17:00
担当
株式会社マルワ代表取締役社長 鳥原 久資 さん
定員
20名
会場
ヒューマンコラボレーションセンター(HCC)
名古屋市天白区原一丁目2304 ライオンズマンション原102
参加費
2,500円(税込み)

 

「対話を通して『今』からはじめる未来づくり」第5回の話題提供者、鳥原久資さんは名古屋市天白区の印刷会社、株式会社マルワを経営する経営者です。

印刷業界はネットプリントサービスなど競合の登場による価格競争の激化や、情報のWeb化、ペーパーレス化によって事業環境が大きく動いています。

そんな変化の時代に企業として何に取り組むべきかを考え抜かれた結果、中小企業ではまだ着目されていなかったころから3種類ISO認証を取得されたり、CSRに注力されたり、近年ではバナナペーパーを使った事業を展開され、SDGsをビジネスや企業活動に取り入れた先駆的な企業として注目されています。

鳥原さんには「企業活動」を軸に、組織として、ビジネスとして社会貢献活動をするきっかけや想い、取り組みの中で感じる従業員や利害関係者への影響などをお話しいただき、多様な人が取り組み、事業として成立するためにはどんなことが大切なのか、組織内や利害関係者への影響など、組織で取り組む未来づくりの可能性を探求します。

 

こんな人にお勧めです

・企業の中にいて、組織の力で活動している方または活動したい方

・個人、少人数で活動していて、可能性を広げたいと感じている方

・企業や団体での活動・運営についてヒントを得たい方

 

【話題提供者プロフィール】

1958年名古屋市生まれ。株式会社マルワ社長。印刷業を営む家に生まれるものの、両親の苦労する姿を見て継がないと決意。愛知教育大学卒業後8年間小学校、中学校で教諭として勤務。結局周りの強い説得で実家に戻るものの、当時の社員とそりが合わず、5年間で7割の社員が退社。自身が教育に従事していたことから社員教育を粘り強く実施し、それが今のマルワのCSR活動のベースとなっている。

2005年の愛・地球博が環境博と決まり、これから環境の時代と2002年に環境ISO14001を取得。以後多くの環境関係の第三者認証の取得と環境活動を対外的に発信。社員が自発的に活動している様子が共感を呼び年間250名を超える会社見学者が訪れる。昨今はSDGsの取り組みが中小企業のモデルと評価をいただき講演や企業に出向いてのワークショップの依頼が多い。

 

 

 

 

ご申し込みいただく前に、『受講申込手順と受講キャンセルについて』を必ずお読みください。
キャンセル待ちを希望される方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい

講座申込専用フォーム