第37回 体験学習実践研究会 2020

タイトル
交流から学ぶ体験学習実践研究会
グループの一員として話し合いを促進するための働きかけについて体験から学びませんか?
日程
2020年9月5日(土)13:30~16:30
担当
岸田美穂、岡田衣津子、林芳孝
定員
10名
会場
オンライン開催
ZoomをによるWEB講座
参加費
1000円(税込)
※申し込み希望者は下記のpeatixより申し込みをお願いします。

内容

 
ねらい
グループの話し合いの中で
● 私、他のメンバー、グループで起こっていることに気づく
● 自分、そしてメンバーがどんな言動をしているか、言動がどんな影響を与えているかに気づく
● グループの一員として活動を促進するためのはたらきかけを意識してトライしてみる

コロナ禍の影響もあり、昨今オンラインでのミーティングが増えています。この傾向は、アフター・コロナにおいても拡大していくことが予想されます。
みなさんの実感として、対面でのミーティングとオンラインでのミーティングとでは、そこで起こることの違いはどのようなものでしょうか?
一般的に、オンラインでのミーティングでは、自分、他のメンバー、そしてグループで起こっていること(プロセス)が見えづらいと考えられますが、それをどのように扱うことができるのか。その可能性を考えてみたいと思います。
オンラインでのミーティングや研修等において、タスクの完遂をめざし、メインテナンスにも目を向け、チームとしての生産性や効率性、一人ひとりの達成感や満足感を高めることを模索し、チャレンジすることを体験する場となれば、と考えています。

体験学習実践研究会は、実習への感想やアレンジの可能性など、参加者の方から率直な意見をいただきながら一緒に学んでいく研究会です。ぜひ気軽に参加いただければと思います。お申し込みをお待ちしております。

お申込みはPeatixからお願いします。
https://peatix.com/event/1610029/view