研修を依頼する

【事例】学校教育関連,2015年度研修実績

第2回 あいち教育研究会特別活動部会 研修

テーマ よりよい人間関係を築こうとする児童生徒の育成
実施日 2015年8月20日
概 要  愛知県尾張東部地域にある小中学校の先生方で構成される「あいち教育研究会特別活動部会」のお招きをいただきた。本年度の研究テーマが「よりよい人間関係を築こうとする児童生徒の育成」ということで、実習を中心に研修をする旨のご依頼であった。
派遣研究員 林 芳孝

 愛知県尾張東部地域にある小中学校の先生方で構成される「あいち教育研究会特別活動部会」のお招きをいただきた。本年度の研究テーマが「よりよい人間関係を築こうとする児童生徒の育成」ということで、実習を中心に研修をする旨のご依頼であった。
 ねらいを以下のようにした。

  • ラボラトリー方式の体験学習を体験する
  • コンテントとプロセス(関係的な過程)を理解する
  • 他者との関係のなかで起こるプロセス(自分や他者の動き、コミュニケーション、意思決定、リーダーシップなど)に気づく

 はじめに小講義として「体験から学ぶということ」と「コンテントとプロセス」の説明をした。ラボラトリー方式の体験学習の循環過程におけるふりかえりとわかちあいの意味、関係的過程に着目することをお伝えし、実習「わたしたちのお店屋さん」に取り組んでいただいた。今回は白地図を配らず、白紙の模造紙に完成図を描いていくようにした。
 実習実施後、結果と正解の発表をし、ふりかえり用紙の記入、続けてわかちあいを行った。
 質疑応答の時間では、すでに現場で体験学習を採り入れている先生などからもご質問をいただいたりし、先生方の熱心さが伝わってきた研修であった。


カテゴリー