×××

日本産業カウンセラー協会東関東支部(市川)「産業カウンセラー養成講座」

 一般社団法人 日本産業カウンセラー協会東関東支部市川教室での産業カウンセラー養成講座における「コミュニケーションの理論と活用」章の講義。7月1日13時30分~16時30分。
 日本産業カウンセラー協会が指定するテキストに基づき、コミュニケーションの理論を解説するとともに、合間合間にグループワークを採り入れて進めた。
 初めにグループとなって「コミュニケーションを学ぶことがなぜ大切か?」を話し合っていただき、その後「コミュニケーションの定義、仕組み、機能」について解説した。実際にコミュニケーションにおいてどのようなことが起こっているか、実習「流れ星」を行い、受け止め方や解釈の違いを体験していただいた。続けて「ソーシャルスキルの生起過程モデル」「コミュニケーションの阻害要因」「3つの反応レベルからみたコミュニケーション・スキル」について説明をした。
 休憩の後、「これまでの講義で分かったこと、関心をもったこと」をグループで話し合い、全体で共有した。その後、アサーションについての講義とエクササイズを行い、「コミュニケーションと人間関係の変化」の説明を行った。
 受講された皆さまにとっては産業カウンセラー資格試験の受験目的での受講ではあるが、3時間という限られた時間内でコミュニケーションについて理解することは大変なことだったろうと感ずる。その中でグループワークを採り入れ、体験を伴うことによってできる限り理解の促進に努めた。