書籍に学ぶ

書籍の一覧,機関誌「体験学習実践研究」

体験学習実践研究 Volume17 2018年6月

2018年8月にReddy, W. B. 著の「InterventionSkills:GPC」が、JIEL研究員の活動の一環として翻訳が刊行されます。翻訳本の出版を記念して、「グループプロセス」に関わる提言論文を特集しました。いずれも、グループワークを通して、自他の理解、グループダイナミックスの理解を深めるための貴重な知識となるのではないかと考えています。ぜひ、一冊お求めいただけますと幸いです。

提言論文
グループプロセスをとらえる視点を考える (一社)日本体験学習研究所 代表理事・所長 津村 俊充

 

提言論文(邦訳)
グループで観察すること(著)Edgar H.Schein:(訳)岸田 美穂・津村 俊充(日本体験学習研究所)

 

グループ:誕生から終焉のサイクル (著)Richard C.Weber :(訳)林 芳孝・津村 俊充(日本体験学習研究所)

 

グループの規範:決められないもの (著)Larry Porter:(訳)岡田 衣津子・津村 俊充(日本体験学習研究所)

 

実践報告
◆応用実践
職業訓練協会での若年者ステップアップ研修報告 新人の指導・育成できる、頼れる先輩社員になるために:今岡まゆみ(日本体験学習研究所)

 

実践報告:感性や創造性を楽しみながら、これからの姿を描こう! 私たちの○○を発見ークリエイティブ実習ー:岸田 美穂(日本体験学習研究所)

 

コミュニティづくりにおけるファシリテーションー“我が事・丸ごとの地域力”を高めるためにー:岡田 衣津子(日本体験学習研究所)

 

チームアセスメントインベントリーを用いたチーム・ビルディング研修 私をいかす、相手をいかすチームへのかかわり:岸田 美穂(日本体験学習研究所)

 

◆オリジナル実習の創作
コンセンサス実習を実践するための2つの実習教材:津村 俊充(日本体験学習研究所)

 

実習「UFO」〜コミュニケーション実習として〜:鈴木 由子(日本体験学習研究所)

 

実習「太郎君のキャンパスツアー」〜大学の初年次教育における友達づくりに向けて〜:林 芳孝(日本体験学習研究所)

 


当冊子をご希望される方は「各種お申し込みフォーム 」からお申し込み下さい。


カテゴリー