書籍に学ぶ

書籍の一覧,機関誌「体験学習実践研究」

体験学習実践研究 Vol.16

 本号も、前号から引きつづきNTLリーディングブックの中から、特にTグループに関わる論考と、Tグループ参加後のリエントリーに関する記事を中心に紹介しています。
 また、対話型ODの一つのタイプの実習として、E.シャインが紹介している組織実習「グリーティングカード」も日本で実施するにはわかりやすいように、また実施後のコメントなども掲載しています。

提言論文(邦訳)
なるほどそうだが、しかしこの体研は現実だったのか?(著)Morley Segal:(訳)林 芳孝・ 俊充(日本体験学習研究所)

 

リエントリーすること、または、あなたは日常に戻ることができるー適切にー (著)Kathy M. Lippert and W Bredan Reddy :(訳)岡田 衣津子・津村 俊充(日本体験学習研究所)

 

学びは飛んでいる時に、しかし学びの結果は着地のときに (著)Larry Porter:(訳)林 芳孝・津村 俊充(日本体験学習研究所)

 

Tグループとラボラトリー学習に関する展望 (著)Robert T.Golembiewski:(訳)岸田 美穂・岡田 衣津子・津村 俊充(日本体験学習研究所)

 

実践報告
◆応用実践
組織実習「グリーティングカード」※対話型組織開発アプローチの学びの実践として :津村 俊充(日本体験学習研究所)

 

対話を通じたコミュニティへの参加ーラーニングカフェFOR CHANGEの実践:岡田 衣津子(日本体験学習研究所)

 

緩和ケア認定看護師教育課程における対人演習研修 効果的なコミュニケーションの5つの要素:鈴木 由子(日本体験学習研究所)

 

チームアセスメントインベントリーを用いたチーム・ビルディング研修 私をいかす、相手をいかすチームへのかかわり:岸田 美穂(日本体験学習研究所)

 

◆オリジナル実習の創作
「上司にするならどっち?」PartⅠ オリジナル編:佐藤陽子(南山短期大学人間関係科卒業生)・浜口沙和子(愛知県立高等学校教諭)・松場 俊夫(NPO法人コーチ道)

 

「上司にするならどっち?」PartⅡ アレンジ編:杉山 郁子(日本体験学習研究所)

 


当冊子をご希望される方は「各種お申し込みフォーム 」からお申し込み下さい。


カテゴリー