書籍に学ぶ

論文等抜粋記事

日本人間性心理学会第33回大会「グループの可能性と広がり」 自主企画「グループ臨床体験を語り合う集い」

 2014年10月に、日本人間性心理学会第33回大会が南山大学でありました。その大会のテーマは、「グループの可能性と広がり」であり、3種類のグループ・アプローチからの話題提供をして、ディスカッションをするという自主企画が野島一彦(跡見学園女子大学)先生の企画でありました。ベーシックエンカウンター・グループについて下田節夫(神奈川大学)先生が、集団精神療法について藤 信子(立命館大学)先生が、Tグループについては津村(南山大学)が話題提供をしました。指定討論者として、坂中正義(南山大学)先生と金子周平(鳥取大学)先生になっていただき、それぞれ有意義なコメントをいただきました。その内容を坂中先生の校正編集のもと南山大学人間関係研究センター紀要「人間関係研究」に掲載したのがこちらの記事です。
 南山大学人間関係研究センター、2015年3月、「人間関係研究」第14号、Pp.1-36.

こちらからPDFで記事を読むことができます。


カテゴリー