書籍の一覧

書籍に学ぶ

書籍の一覧,機関誌「体験学習実践研究」

体験学習実践研究 Vol.16

 本号も、前号から引きつづきNTLリーディングブックの中から、特にTグループに関わる論考と、Tグループ参加後のリエントリーに関する記事を中心に紹介しています。
 また、対話型ODの一つのタイプの実習として、E.シャインが紹介している組織実習「グリーティングカード」も日本で実施するにはわかりやすいように、また実施後のコメントなども掲載しています。

詳しく見る

機関誌「体験学習実践研究」

体験学習実践研究 Vol.15

 本号は、JIEL研究員と、NTL Instituteが発行する「Reading Book For Human Relations」のいくつかの代表的な話題である内容をご紹介することにしました。あらためて本書を読みますと、いかに参加者の人間存在を大切にしたトレーニングとして、「Tグループ(トレーニンググループ)」が位置づけられているかがよくわかります。これまで、時には、Tグループのアプローチに対する批判の声を聴いてきていますが、それらの批判とは真逆のトレーニング姿勢であります。にもかかわらず、日本でST(センシティビティトレーニング)と称して盛んに行われた頃のトレーナーのありようが、未だなお残存していることを聴くたびに、もう一度Tグループをはじめ「ラボラトリー方式の体験学習」を一から地域社会の人々に紹介し、その真価を伝えていきたいと考えています。
※各巻500円(郵送料別)で頒布しています。

詳しく見る

機関誌「体験学習実践研究」

体験学習実践研究 Vol.14

 今回は、久しぶりに星野欣生先生より、『ファシリテーションのキーワードは“自立”ということ』タイトルで原稿をいただき、今日「ファシリテーター」「ファシリテーション」という言葉が一人歩きしている中で、もう一度、ファシリテーションの本質とファシリテーターのあり方について記述していただきました。ラボラトリー方式の体験学習の大切な視点として教える教育から学ぶ教育へ、教育者に学習者が依存する関係から相互に依存し教え合い学び合う関係へ、一人ひとりが自立することを支援するファシリテーションのあり方を語ってくれています。これからのファシリテーションを考える大切な基本的な考え方を示してくださっているといいでしょう。ぜひご一読いただき、みなさまの今後の活動に活かしていってください。

詳しく見る

論文等抜粋記事

「私の体験学習をふりかえる」南山大学人間関係研究センター紀要第15号

 昨年2015年12月5日に南山大学人間関係研究センター主催で開催された「私の体験学習をふりかえる」の対談が記事になりました。登壇者は、星野欣生先生とグラバア俊子先生と私の3人でした。思い思いに、ラボラトリー体験学習との…

詳しく見る

論文等抜粋記事

日本人間性心理学会第33回大会「グループの可能性と広がり」 自主企画「グループ臨床体験を語り合う集い」

2014年10月に、日本人間性心理学会第33回大会が南山大学でありました。その大会のテーマは、「グループの可能性と広がり」であり、3種類のグループ・アプローチからの話題提供をして、ディスカッションをするという自主企画が野島一彦(跡見学園女子大学)先生の企画でありました。ベーシックエンカウンター・グループについて下田節夫(神奈川大学)先生が、集団精神療法について藤 信子(立命館大学)先生が、Tグループについては津村(南山大学)が話題提供をしました。
 南山大学人間関係研究センター、2015年3月、「人間関係研究」第14号、Pp.1-36.

詳しく見る

論文等抜粋記事

グループプロセスに焦点をあてたファシリテーションを学ぶ研修をデザインする

 この記事は、南山大学人間関係研究センター研究紀要「人間関係研究」第14号に掲載された記事です。ミニレクチャーのカテゴリーでご紹介しますが、かなりの情報量です。個人レベルのプロセス、グループレベルのプロセスを再吟味し、それらのプロセスに焦点をあててファシリテーションを学ぶための研修の素材と、一事例を紹介しています。ご関心を持っていただければ、幸いです。
 なお、この記事をベースに、2015年度JIEL公開講座「第1回プロセスから学ぶグループとわたし」を開催させていただきます。
 2015年3月 南山大学人間関係研究センター紀要「人間関係研究」第14号 Pp.102-132.

詳しく見る

一般書籍

インタープリター・トレーニング 自然・文化・人をつなぐインタープリテーションへのアプローチ

津村俊充・増田直広・古瀬浩史・小林毅 編 ナカニシヤ出版
判型・ページ数 B5・198ページ
定価 本体2,500円+税
2014年12月10日
ISBN 9784779508660

 

すべては「わかりやすく人に伝えること」を仕事にしている人々のために。
学校、官公庁、NPO法人、企業、博物館・美術館や、環境教育、エコツーリズム、生涯学習、ESDを担当している人は必携!
参加者を楽しませ、本質を理解してもらえるように、わかりやすい説明をする『インタープリター』の仕事について、
事例とともに具体的なノウハウ、スキルアップの視点、そしてインタープリターの育成まで写真と図を交えながら、
やさしく解説する待望の一冊!

詳しく見る

一般書籍

「今ここ」を生きる人間関係

グループファシリテーターの会Seeds監修 ナカニシヤ出版
杉山郁子編
判型・ページ数 B5・120ページ
定価 本体2,200円+税
2014年3月30日
ISBN 9784779508370

 

人間関係を体験し学び,編集しなおし,新たな対人関係,新たな組織,新たなコミュニティをつくりだす方途を女性の視点から示す。

詳しく見る

実習教材の書籍

たのしいグループワーク

大阪グループワーク研究会 【編著】
出版社:遊戯社
発売日:2004年07月
ISBN:9784896593136
税込価格: 3,024円

詳しく見る

実習教材の書籍

協力すれば何かが変わる  続・学校グループワーク・トレーニング

坂野公信 監修
日本学校GWT研究会 著
B5上製/160頁
定価:3456円
発行年:1994年

詳しく見る
1 / 41234

カテゴリー