公開講座に参加する

これまでの公開講座の実施概要,ラボラトリー体験学習応用実践講座 (JIEL Workshop)

【実施概要】第3回JIEL春まつり:SDGs達成のESD実現をめざして〜清里の春の自然を楽しむ〜

昨年の第2回JIEL春まつりは、参加者と研究員とが共にラボラトリー方式の体験学習の理解を深め、さまざまな実習体験やチーム診断のための尺度の検討などを行いました。
昨年からスタートした「ESDスペシャリスト育成プロジェクト」の1期生のこれからの活動の支援も含めたJIELコミュニティづくりの一歩になればと思い、本年開催の第3回JIEL春まつりを企画をしました。
ラボラトリー方式の体験学習の考え方の理解を深めると共に、SDGs達成に向けたESD実践のためのいくつかの体験や教材づくりまで、2泊3日の短い期間であるものの、展開することができればと考えています。
具体的には、JIELラボラトリー方式の体験学習(特に「コンテントとプロセス」と「体験学習の循環過程」)の理解とESDプログラムの可能性の探究をねらいとしたいと考えています。

JIELの活動に興味・関心をもっていただき、ラボラトリー方式の体験学習に関心がある方、SDGs達成に向けてESD活動に関心をもたれている方、研究員と共に春の清里の自然の中で交流をもちませんか?
ラボラトリー体験学習の様々な展開の可能性をお互いに掘り起こす企画です。
清里の自然の春を楽しむ企画を考えています。ますやん(増田さん)による自然体験インタープリテーションとナイトはハイクを予定しています。また、JIEL講座にご参加いただいている方から提供していただける「2030SDGsカードゲーム」から学ぶこと、SDGs達成に向けたESD実践のための教材づくりに挑戦したいと考えています。その他、参加者からのトライアルしたいプログラムの提供も大歓迎です。
2018年度のスタートに際し、本年は2030年に達成を求められるSDGsに意識を向けたプログラムを一緒に創り出しませんか?ご参加をお待ちしています。

2018年JIEL春まつり<プログラム案>

第一日(4月28日:土)14:30開会 14:00(受付) 2泊3日
開会:導入;ねらいとプログラムの概略の説明
「2030SDGsカードゲーム」体験とふりかえり
「SDGsを考える」対話
夕 食
ナイトハイク;清里の初春の夜を楽しむ(増田さんによるインタープリテーション)
交流会

第二日(4月29日:日)
午前:清里の初春を楽しむ
インタープリテーションとファシリテーションの可能性
※増田さんとともに「SDGsを達成のためのESDのこれからを語る」
昼 食
午後:「SDGsに関する実習」づくり(1)
KEEP協会環境教育事業部のレンジャーと共に
夕 食
「SDGsに関する実習」づくり(2)
交流会

第三日(4月30日:月:祝日)
午前:
「SDGsプログラム」実施&フィードバックセッション(1)
「SDGsプログラム」実施&フィードバックセッション(2)
昼 食
午後:3日間のふりかえりと2018年度の活動に向けて
午後3時解散 (清里行きバス 15:25出発)

以上が、予定です。まだまだ充実したプログラムにしたいと考えています。
ご参加の皆様からもご提案をいただけますと、お応えできるようにしたいと考えています。