公開講座に参加する

これまでの公開講座の実施概要,ラボラトリー体験学習応用実践講座 (JIEL Workshop)

【実施概要】JIEL研究員との交流会 「JIEL秋まつり:学びの収穫祭」

 2017年の学びを参加者とともに確かめ合う場を創りたいと考えました。JIEL公開講座に参加してくださった方々やその他ラーニングカフェ、体験学習実践研究会などに参加された方、ラボとリー体験学習に関心をもつ方と、JIEL研究員が集まり、「JIEL秋まつり:学びの収穫祭ーーー私の一年を仲間と共にふりかえるーーー」を、2017年11月26日(日)に開催します。

 南山大学人文学部心理人間学科の津村のゼミ生(社会心理学ゼミ&ファシリテーション研究ゼミ)にも声をかけました。今、どんな社会の中で仕事をしたり、生活をしているのか?また、卒業生から見た社会の様子も、JIEL講座参加者のみなさまと交流を通して、語り合えることは、これからJIELにもとても大きな出来事になるのではないかと考えました!!!

 JIELが主催する公開講座やイベント等に参加してくださった方々を対象に、講座に参加してどのような学びがあったか、その学びを日常の中でどのように生かされているかを共にわかちあう時をもちます。参加者同士、久しぶりの再会を楽しむのもいいですね。あらためて、今の私をふりかえることから参加者の方々が元気になってもらえるような企画にしたいと考えています。
 新しく研究員になったスタッフもともに集い、食事をとりながら、一年間をふりかえるセッションを企画したいと思います。みなさまのご要望やご意見があれば、お寄せください。

 津村も、弾き語りでも・・・と・・・(^_^)

 


チェックアウト時のコメント

  • 自分の質問とは異なる質問が他の人から投げ返られるのを聴いて、もう少し幅広い問いかけができるようになりたいと思いました。
  • それぞれ頑張っているのだと言うことがわかりました。そして、プラスのエネルギーを感じることができて、私もがんばろうと思いました。
  • いろいろな体験が、一つ一つつながっているのだと実感しました。スティーブジョブズの話にある「コネクティド・ドット」の話を思い出しました。
  • 好奇心が大きなエネルギーになっているのだということがわかりました。
  • 質問を受けること、それに答えることの大切さを実感しました。
  • 思いがけない質問をいただけたことが、自分の価値観などを考えるきっかけをいただけました。
  • いろいろな働き方の方が集まることで学びが深まりました。
  • いろいろなことをやっていたなあ・・よく生きてきたなあ〜と。
  • 何を大事にしているか?尋ねてくれたこと、根っこは?との問いは自分を見直すことができた。このことは、対話の体験の後に、「後に続く」ということを本で読んだのですが、そのことが体験としてわかった。