ラボラトリー体験学習応用実践講座 (JIEL Workshop)

公開講座に参加する

ラボラトリー体験学習応用実践講座 (JIEL Workshop),公開講座一覧

第4回AIアプローチを知る・学ぶ・活かす2日間講座(AIアプローチ基礎講座)

日程 2018年1月27日(土)午前10時開始:午前9時30分(受付) 宿泊研修
   1月28日(日)午後5時終了予定←修正:この時間で終了予定
担当 津村 俊充
定員 24(残1)名
概要

この講座では、AIとはどのようなものかを体験を通して学ぶとともに、参加者みなさんが現場でどのように活かしていけるか探っていきたいと思います。特に、できる限り、4Dサイクルを体験する生の現場に、講座の場がなることを願っています。そのために、学びが持続する学習共同体(ラーニングコミュニティ)を創りたいという意思のある方にお集まりいただけることを願っています。合宿研修で行いますので、参加者同士の交流も深まる得がたい機会になると思います。

プログラムの詳細・申込ページ

ラボラトリー体験学習応用実践講座 (JIEL Workshop)

いじめ・暴力に向き合う学校づくり

日程 ※基本的には、3回通しでご参加ください。
【終了】第1回目:2017年10月29日(日) 10:00-17:00  講義(対立を理解する, ナラティヴの視点), ワーク(ラベル, 対立解決など), リフレクション
【終了】第2回目: 2017年12月10日(日) 10:00-17:00  講義(修復的正義の視点, 制度/仕組みをつくる), ワーク(調停, サークルなど), リフレクション
第3回目: 2018年02月18日(日) 10:00-16:00  事例研究, Design for Wiser Action(より実現に近ずく行動計画), 関心を共有するコミュニティをつくる
担当 ホスト:長田誠司 (リストラティブ・サークルズ ジャパン代表)
    綾城初穂 (福井大学教職大学院講師、参考図書翻訳者)
定員 18(残6)名
概要

いじめや暴力があった時、加害者・被害者という立場を超えて、損傷をうけた関係性や学校というコミュニティを修復するために、私たちはどのようにして責任と希望を取り戻していくことができるでしょうか?

 

 教育の現場には多くの智慧やうまく機能している実践がある一方、そのほとんどは個人の暗黙知として埋もれている場合が多いものです。この全3回のシリーズでは、修復的正義、ナラティヴ・セラピーや紛争変容の理論からの観点を紹介することに加えて、それぞれの立場で孤軍奮闘している方々の横のつながりを形成することを中心に据えて、現場で実際に役に立つアプローチを創造していくプロセスを一緒に歩んでいくことを目指しています。

プログラムの詳細・申込ページ

ラボラトリー体験学習応用実践講座 (JIEL Workshop)

第2回AIリーダーシップ講座

日程 2018年3月2日(金)午前10時受付 午前10時30分開会 2泊3日
2018年3月4日(日)午後5時閉会
担当 津村 俊充
定員 16名(残11)名
概要

津村が2016年に、「AIアプローチ」をベースに、リーダーシップ研修を東京女子医科大学の看護師対象に、3泊4日で実施したプログラムをベースに紹介しながら、AIリーダーシップ養成のプログラムを体験していただきます。

プログラムの詳細・申込ページ

ラボラトリー体験学習応用実践講座 (JIEL Workshop)

第3回グループプロセス・コンサルタント・トレーニング

日程 [日程確定]
2018年3月23日(金)午前10時(プログラム開始)3泊4日
     26日(月)午後5時(プログラム終了)夜もプログラムが予定されています。
担当 津村 俊充
定員 20(残13)名
概要

 この講座では、チーム活動のメンバーとは異なるメンバー(外部者)として、チームに関わり、とりわけグループのプロセスに働きかけるファシリテーションを学ぶことを目指しています。
 ねらいとしては、下記のようなことを考えています。

  • チームの中での人間関係(グループプロセス)を観る視点をもつとともに、実際に気づくことができる感受性を高める。
  • チームや他のメンバーに与えている自分の影響に気づく。
  • チームやメンバーの成長に向けて働きかける視点やスキルを養う。
プログラムの詳細・申込ページ

ラボラトリー体験学習応用実践講座 (JIEL Workshop),公開講座一覧

第4回グループプロセスコンサルティング(グループプロセスコンサルタントトレーニングあらため)

日程 2018年11月23日(金)午前10時(プログラム開始)4泊5日
     27日(火)午後4時(プログラム終了)夜もプログラムが予定されています。
担当 津村 俊充
定員 15名
概要

 この講座では、チーム活動のメンバーとは異なるメンバー(外部者)として、チームに関わり、とりわけグループのプロセスに働きかけるファシリテーションを学ぶことを目指しています。
 ねらいとしては、下記のようなことを考えています。

  • チームの中での人間関係(グループプロセス)を観る視点をもつとともに、実際に気づくことができる感受性を高める。
  • チームや他のメンバーに与えている自分の影響に気づく。
  • チームやメンバーの成長に向けて働きかける視点やスキルを養う。
プログラムの詳細・申込ページ

ラボラトリー体験学習応用実践講座 (JIEL Workshop),公開講座一覧

第2回 共感でつながるアサーション

日程 2018年12月15日(土)午前10時開始
      16日(日)午前10時開始 両日とも午後6時終了
担当 水野節子、國武 恵
定員 16(残16)名
概要

 この講座ではアサーション(自己表現)の方法として、マーシャル・B・ローゼンバーグ博士によるNVC(Nonviolent Communication)の演習を通じて、自分や他者の感情に注目し、お互いが必要とするもの(ニーズ)を尊重しあえるような問いかけや応答、語りを試みます。

 

 感情に寄り添い、必要としていること(ニーズ)に気づいたときに、人はつながりを実感できるもの。自分とつながり、他者ともつながるための表現を体験から学び合いましょう。

プログラムの詳細・申込ページ
1 / 11

カテゴリー