公開講座に参加する

これまでの公開講座の実施概要,実践 人間関係づくりファシリテーション 12講

【実施概要】実践 人間関係づくりファシリテーション12講 第12章「教育プログラムをつくる」

内容

 この講座では、参加者のみなさんがこれまで体験学習に参加したり、また実際にファシリテーターとして体験学習を実施したりした体験をもとに、プログラムづくりを検討することを予定しています。
具体的には、グループになって、「体験学習のプログラムをデザイン(設計)する際に大切なことは何か?」個人でメモした後に、話し合ってもらい模造にまとめてもらいます。そして、各グループが発表をして、それらの共通の要素は何か、またどのようなことを大切にしてプログラムをデザインすればよいのかを、参加者とともに考えたいと思います。
ぜひ多くの人に集まっていただき、体験学習のプログラムデザインの視点を増やしていきませんか?ご参加を楽しみにお待ちしています。

 


気づいたこと・学んだこと(2017年秋期 参加者アンケートより)

  • たのしかったし、学びになった。明日からも元気にくらせます。嫌なこと、苦痛なこと、そういうのがなく、楽しく生きていこう!!と心に誓いました。
  • 半日(1日)で体験的な学び+レクチャーを経験できたので、大変満足しました。遠方から来た甲斐がありました。仕事ではグループ体験の機会がないので、今後グループにかかわる時に心の準備ができたかんじです。
  • 午前中に見えた課題を意識しながら取り組むことができたことと、目的(目標)をはっきりしなければならないことがよく分かった。学校現場で生かしていけることがよく分かったこと。そしてまだまだ学びが足りないことを実感したので、ぜひ来年度も開講してほしい。
  • 日頃の事をイメージし易く実習に参加できた。染み渡るような感覚。職場での勉強会開催時の参考になった。チームをつくる時の自分の姿勢・今後のスタンスなどざっくりイメージできた。少しずつ実践していきたい。
  • 人と関わる時に、これから意識したい事を持ってかえれます。教育プログラム設計も整理され、機会があれば挑戦してみたいです。複数名で取り組む事での広がりや、お互いを尊重しあうという事を体験を通じて学べました。
  • 教育プログラムを企画する際の指針が得られた。現状のプロぐらくの企画時に抜けていることに気づけた。
  • 研修をつくる上で何が大切か?を再確認できた。次、自分が研修を行う上で活用できると思った。

 


教材の詳細はこちら
「実践人間関係づくりファシリテーション」