公開講座に参加する

実践 人間関係づくりファシリテーション 12講

実践 人間関係づくりファシリテーション12講 第7章「決める」

タイトル

実践 人間関係づくりファシリテーション12講 第7章「決める」

日程 秋期:2017年10月28(土)14:00~17:00
 ※同日10:00~第6章「受け容れる」
担当 秋期:杉山 郁子、岸田 美穂
定員 12(残9)名
会場 ヒューマンコラボレーションセンターHCC
名古屋市天白区原一丁目2304 ライオンズマンション原102 HCC
TEL/FAX 052-804-1889
参加費 3,240円(税込)
午前・午後通してのご参加の場合には、6,480円(税込)となります。

内容

 「決める」というと、とても大層なことのように感じてしまうかもしれません。しかし、私たちは常に自己決定をして動いています。朝起きて今日はそのように過ごすのかも毎日自分で「決める」ことをしています。しかし、そのことを私たちはあまり自覚していません。「決める」ということを自分でしていると意識しているのと、していないのではどのような違いが起こるのでしょう。また、自分自身の言動を「決める」という過程でどのようなことが起き、互いにどのように影響し合っているのでしょうか。

 

 「決める」というのは「意思決定」と言い換えることができるかもしれません。自分自身が自らの言動を自分自身のこととして考えられるのは、その言動を自らが決めて行ったと思えるからだと思います。そのような意思決定が自分のあり様に与える影響を知っていることは、起こっていることから学んでいく体験学習においては大切なことになります。また、意思決定は個人だけでするばかりではなく、グループなどの複数人で行うことも多く、そこに起こることは人間関係そのものと言えるものです。このように「意思決定」を意識することは、多くの学びを運んでくれるものなのです。

 

 この講座では、主に「意思決定」について学んでいきます。「意思決定」はプロセスを捉える視点として、「個々のメンバーの様子」「コミュニケーション」と同様に主要なものとされています。人生における重要な場面だけでなく、日常茶飯事行われている「意思決定」を少し意識することで、意思決定とは何か、意思決定が及ぼす影響、ファシリテーションにおける意思決定の意味などに気づき、学んでいきます。

 

 実際に本の中で紹介されている実習を体験していただき、意思決定をどのように学ぶことができるかを知っていただくと共に、体験を通して自分自身が意志決定をどのようにしているのか、そのことが様々なことにどのように影響しているのかについて学んでいきたいと考えています。

 

気づいたこと・学んだこと(参加者アンケートより)

  • 「決める」とはどんなことなのか。
     「受容」⇒「合意」⇒「決める」の流れがよく分かりました。

  • 色々な意見があり、それらを尊重し、「合意」することを体験し、その後の気持ちの変化が嬉しかったです。
  • 「決める」を自覚しいることで、その後の人生に影響を与えるということ。
  • 決めることが怖くなくなった!!
  • ファシリテーションの中で「決める」ことの重要性、大切さに気づくことができた。
  • 意思決定のプロセス、お互いの違いを受け入れることが大切、実感しました。
  • 〝決める″ための自己決定と、そこをグループに説明できるようにすることの大切さを体験できました。
  • シンプルにまとめられていて、内容が充実しているのに頭はいっぱいいっぱいにならなかった。
  • 「責任」の意味の認識がかわって、大きな財産です。
  • 日常業務について、どのような取り組みが足りないのか(得意・苦手・役割)わけて考えることができたことも大きかったです。


教材の詳細はこちら
「実践人間関係づくりファシリテーション」


 

ご予約頂く前に、次の『受講申込手順と受講キャンセルについて』を必ずお読みください。

受講申込手順と受講キャンセルについて

キャンセル待ちを希望される方はこちらのフォームからご連絡下さい

講座申込専用フォーム


カテゴリー