公開講座に参加する

実践 人間関係づくりファシリテーション 12講

実践 人間関係づくりファシリテーション12講 第4章「観る」

タイトル

実践 人間関係づくりファシリテーション12講 第4章「観る」

日程 春期:2017年6月17日(土)10:00~13:00 (中止)
秋期:2017年10月21日(土)10:00~13:00
 ※同日14:00〜第5章「気づく」開催)
担当 春期:林 芳孝、鈴木 由子
秋期:岸田 美穂、鈴木 由子
定員 秋期:12(残12)名
会場 ヒューマンコラボレーションセンターHCC
名古屋市天白区原一丁目2304 ライオンズマンション原102 HCC
TEL/FAX 052-804-1889
参加費 3,240円(税込)
午前・午後通してのご参加の場合には、6,480円(税込)となります。

内容

 人間関係づくりファシリテーターが扱う大事なことのひとつに「コンテントとプロセス」があります。ファシリテーターは、何をしているか、何を話し合っているかといった内容(What)とともに、それがどのように行われているか、一人ひとりがどのようにそこにいるか(How)といった“今、ここ”で“起こっていること”を観る力を養い、磨くことが大切となります。この講座では、参加者がグループをつくり、ワークする人とオブザーブする人に分かれ、オブザーバー役はそこで“起こっている”ことを丁寧に観るトレーニングをします。観る視点やスキルを高める力を養うことができます。

 

気づいたこと・学んだこと(参加者アンケートより)

  • 自分では気づけない部分へのふりかえりや話を聞くことは刺激になる。
  • スイッチを入れて、頭を使う、動かすのに刺激を与えられた。
  • 自分がどう観ているのかについて知れた。どう観ていけばいいのかは、まだ課題のまま金?!
  • 新しい発見があった。起こっている行動とことば、どちらも見る、そしてそれに対する反応もみる。
  • 毎回気づきがあるのでいつも満足です。気づきがあるので意味があります。
  • POPOを経験することで主観的・客観的に自分が見れた。「観る」ことの重要性を体感できた。
  • 「観る」のセッション、ふりかえりを通して、課題を達成するような場面でない、なんでもない日常の中でも、その場その場の「思いこみ」のようなもので物事が進んでしまっていること、そのことを言 葉で表現できず、不安や悲しみを抱いていることもある、と気づけた。
  • 生のプロセスに関わることが出来て嬉しい。自分の気づきと他の方のきづきの違いに気づいた。自分は人より他の人の心を先読みする傾向があることを学ぶ。関係性を深めることを体験的に学ぶことが出来た。
  • 主観、客観含めて感じる事、考える事を体験できた。じっくり会話、コミュニケーションする事は楽しい。発見がある。相手の事を知れる。「観ること」で新たな気づき。表面からさらに「内側」を今まで以上に意識できると思う。自分の事も、相手の事も。
  • 観察することの意味がわかりました。プロセスを見る。思っているより他者は観察できるのだと実感できました。
  • 観る側、観られる側、両面から体験でき、観方の違いを実感できました。
  • 観るポイント、自分の中や相手の中で起こっていることを観察者とともにシェアすることで理解が深まり、人との関わりもできました。ありがとうございます。
  • トレーナーの視点を聞く時間もほしかった。自分の時間カンリイシキもありますが…。
  • 同じ体験の捉え方の違いをイシキして観られるありがたいキカイでした。
  • 自由な自分でいれたので。

カテゴリー