公開講座に参加する

これまでの公開講座の実施概要,実践 人間関係づくりファシリテーション 12講

【実施概要】実践 人間関係づくりファシリテーション12講 第3章「ひらく」

内容

 自分のことを語ること、それも自分が少し苦労しながらも乗り越えてきた「自分の中で輝けるもの(ポジティブコア)」を探求するインタビューを受けながら語ること、さらにはその「ポジティブコア」を探求するための声かけや聴くことから人間関係づくりは生まれることを体感してみることを目指しています。
 AI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)アプローチと言われる考え方をご紹介します。AIアプローチの学びの入り口としても、参加者の方々に関心を持っていただければ幸いです。
 具体的には、インタビューシートをもって、お互いに丁寧なインタビューをしながら、かかわりが深まる体験、心をひらくかかわりの体験が実現されることを願っています。


気づいたこと・学んだこと(2017年春期:参加者のアンケートより)

  • AIの哲学がいいなぁと思い、普段の仕事や生活の中で活かしていくことができたらと思っている。
  • 強み・価値を見つけるインタビューを体験できたことで、AIの一部に実際に触れることができた。
  • AIとは4つのDということがベースと理解していたが、そのベースにある内容について学べたことは非常に有意義であった。
  • 自分の現状を再確認できた。

気づいたこと・学んだこと(2017年秋期:参加者のアンケートより)

  • 日々の生活では得られない経験だったと思う。自分のことを深く見つめることができた。気付きがあったというよりは、「これでよかったんだよな」と納得できた。
  • AIアプローチ、より理解できました。話がわかりやすかったです。
  • 是非このような場を自ら提供していきたいと思っており、あらためてどんな場になるのか、どんなことを体感できるのかを感じることができた。
  • 職場で対話の場を持っているが、続けていこうと思った。
  • まだこのワークの効果、目的を自分なりに落とし込めていない。でも、先生の講義は楽しい。もっと学びたい!と思った。AIももっと詳しく学びたい。
  • 楽しく学べ、気づきをもらいました。
  • 今は言葉にできないけど、後からじんわり意味づけできる様に感じています。
  • 学びを深めたいと思っています。チームづくりのために実践してみたいです。


教材の詳細はこちら
「実践人間関係づくりファシリテーション」