公開講座に参加する

これまでの公開講座の実施概要,実践 人間関係づくりファシリテーション 12講

【実施概要】実践 人間関係づくりファシリテーション12講 第2章「場をつくる」

内容

 「場をつくる」とは何をすることでしょうか?

 

 この講座では、参加者各自や場に生まれる「懸念」を軽減し、誰もが「今ここ」の自分や他者を受け容れて活動できる「場づくり」について、実際にその場の体験を通じて学んでいきます。さまざまな「懸念」を減らし、一人ひとりが自由に発言・行動できる雰囲気の「場をつくる」過程において、どのような働きかけが必要で、どんな配慮が関係づくりの助けになるのかを共に学び合っていきましょう。それが結果的に「場をつくる」ときに必要なファシリテーターの視点や働きかけを明らかにしていくことにつながります。

 

楽しみながら「場をつくる」ことに、皆様とともにチャレンジしていきたいと考えています!


気づいたこと・学んだこと(2017年春期:参加者アンケートより)

  • メンバーといろいろ話せて、自分の中の気づきが深まった。
  • 「参加者」の立場になるという貴重な機会となった。
  • 何かを問い続けるきっかけ、力を与えていただいてる感じがします。
  • どのような体験をするのか、大変心配していたが、あっという間に時間が過ぎ、充実していました。まだまだ”勉強したい”という気持ちになりました。
  • 人間関係の内容が、自分がこれまで勉強してきたこととは違っていたので、少しだけ後ろ向きな自分がいましたが、今日参加させていただき、大変興味をもちました。自分の気持ちが変わったことに意味があったと思います。
  • 自分には、自分が感じていることや他人が感じていることを受け止める力がもっと必要であるということが分かった。
  • 対話の時間がもう少しあったほうがよかったかもしれないが、実践と理論とをうまく組み合わせており、良い講座であった

気づいたこと・学んだこと(2017年秋期:参加者アンケートより)

  • ファシリテーションは難しいと捉えていたが、おもしろいとも感じられるようになった。ファシリテーションの学びの面白さが理解できました。
  • あたたかく居心地よく、思考・感情・行動への働きかけがバランスよく組み込まれていて、「場をつくる」ために大切なことを体感し、ふにおとすことができました。
  • “場”の概念が明確になった。自分のワークにもアレンジできそう。
  • 今、職場で自分より若い世代に対して、どのように関われるのか理論から入りわかりやすかった。
  • テーマ・ねらいが良く理解・体感できた。プロセスを感じるワーク事例を知り得た。
  • 場づくりにおいて、何を大切にしたらいいか知ることができた。今後に活かせる内容だった。
  • 楽しく学習でき、気づきもありました。


教材の詳細はこちら
「実践人間関係づくりファシリテーション」