公開講座に参加する

実践 人間関係づくりファシリテーション 12講

実践 人間関係づくりファシリテーション12講 第1章「ファシリテーションの人間観」

タイトル

実践 人間関係づくりファシリテーション12講 第1章「ファシリテーションの人間観」

日程 秋期:2017年11月18日(土)10:00~13:00
 ※同日14:00〜第12章「教育プログラムをつくる」開催)
担当 秋期:林 芳孝、津村 俊充
定員 秋期:12(残10)名
会場 ヒューマンコラボレーションセンターHCC
名古屋市天白区原一丁目2304 ライオンズマンション原102 HCC
TEL/FAX 052-804-1889
参加費 3,240円(税込)
午前・午後通してのご参加の場合には、6,480円(税込)となります。

内容

 この講座では、実際に、グループを作り、ファシリテーター役とオブザーバー役を決めて、実習体験をしてもらいます。ファシリテーター役の方は、自分の考えるファシリテーターの働きを自分が所属するグループのメンバーとともに活動をしながら試みてもらいます。グループ活動終了後、ふりかえり用紙をもとにグループ体験、ファシリテーター体験をふりかえり、ファシリテーターの働きかけを中心に分かち合いをします。その分かち合いの時には、オブザーバー役であったから観察したメモデータをもとに報告をしてもらいます。これらの分かち合いを通して、ファシリテーターの働きの留意点やその働きに根ざしている人間観をともに探求します。

 


気づいたこと・学んだこと(アンケートより)

  • 教示が中心になっているので、ファシリテーターとして立ってみて違いを見、体験することができてよかった。客観性をもちながら、参加者への満足度や参加度の見方、促し方をリフレクションしてもらえてよかった。
  • 難しさを感じた。同時進行していくことに対して。自分の在り方として必要なこと、テクニックとして必要なことの整理ができました。
  • ファシリテーターは難しいことがとてもよくわかった。人間性がそのままファシリテーターの役割に反映されるものだという気がした。ファシリテーター役を何度も観察したり、自分がその役割をひきうけてみたりして、数こなしていくことが成長のカギかと思った。
  • グループワークのたのしさと難しさを感じれたから。一方的な話のすすみ方など、改めて客観視できました(今日の話ではないです)。全体を見ながら相手に主体をおく大切を感じました。
  • メンバーの一員としてファシリテーターやグループの動きとプロセスを感じる瞬間を体験することができた。ファシリテーション(ファシリテーター)を実際にグループで体験して、各メンバーのプロセスを共有する瞬間を体験できた。
  • 自分の課題に気づくことができたから。良い見本にふれることができたから。苦手なことだからこそ興味があります。少しずつ取り組んでいきたいです。
  • 初めて受講させていただき、とてもおもしろかったです。またグループワークの中において、ファシリテーターの役割や進行の仕方について勉強になりました。今後どのように仕事に活かすか考えていきたいです。
  • 場をつくる力、場をみる力が大切だということを改めて学びました。やや時間のことが気になりました。ここちよい時間でした。ファシリテーターの姿勢、身のこなしがこんなにも安心感につながることを体験しました。
  • ファシリテーター役にチャレンジしてみて、自分の感じていること、思っていることを試す場をして受け容れてくださったこと。フィードバックで今まで気づかなかった自分に気づかせてくれたり、自分の価値観が視えてきたこと。
  • ファシリテーターとしての役割を改めて学び、考えることができた。オブザーバー役をし、「観る」ことを集中して体験できた。
  • ファシリテーターとして実践することはできなかったが、自分がもしファシリテーターならどうするかや、何に注意して何を意識すべきかを考えることができた。
  • 内容はおもしろかったし、オブザーバー体験をさせて頂きました。良い学びになりました。ただ、参加者が研修等している人が多くて、参加していながらももう知っているので…という遠慮がたくさんあって、これでは内容とは別のかくれ体験を体験することになるのかなーと思っています。
  • ファシリの立場になったとき、どのように場を作るのか、メンバーとどのように関わる(働きかける)のか、本来の目的について体験(メンバーの立場から)することができた。
  • プロセスに焦点を当てたファシリテーションを体験から学べた。自分のくせを認識できた。
  • 自分自身ワークをとても楽しめました。(ふだんあまり得意ではないのですが、自分が入りこんでしまってファシリテーターの役割etc見れていなかったことが反省点です。
  • ありがたい機会をいただきました。おちついて体験(体験できる)空間は貴重です。
  • Tグループのわりと直後での受講でふりかえりをやりながらTでのこと(学びや気づき)を思いだしてつなげて考えたりする自分を感じ、貴重だった。
  • 今後に活かせそうだと感じたため。自分のチームでの関わり方、役割(自然にやっている)について知ることができたから。
  • ファシリとしての役割を一歩間違えると誘導になりがち。この意味をもう一度考え、感じる1つのきっかけとなった!!
  • 今後の自分のファシリテーションに大きく影響しそう。自分のあり方を見つけていきたいと思った。
  • 同じように希望して受講している方々とお話しできたことがよかったです。
  • 自分の立ち位置、感覚をもっとシンプル化しておく重要性を実感したこと。
  • 今までとはまた違う考えや思いや気づきがあった。

カテゴリー