公開講座に参加する

ESDスペシャリスト育成講座,公開講座一覧

ESD第4回講座「『体験から学ぶ』を学ぶ〜ラボラトリー方式の体験学習とは〜」

タイトル 2018ESDスペシャリスト育成プロジェクト

『体験から学ぶ』を学ぶ〜ラボラトリー方式の体験学習とは〜

日程 2018年9月22日(土)10:00〜17:00
担当 日本体験学習研究所所長・代表理事/南山大学名誉教授 津村俊充
定員 15(残:8)名
会場 ヒューマンコラボレーションセンター(HCC)
名古屋市天白区原1丁目2304 LM原102
参加費 8,640円(税込)

 ESDにおける「学び」を最大化するために必要な「体験から学ぶ」こと「人と関わること」についてその必要性と理論を学びます。

 講義や実習を通じて、自分の体験したことを言葉にすること、人と関わるプロセスを言葉にする力を深め、伝えられるように言語化する方法を学び合います。

 

 日本体験学習研究所所長・代表理事である津村俊充氏を講師に、「『体験から学ぶ』を学ぶ〜ラボラトリー方式の体験学習とは〜」をテーマに体験から学ぶ時の基本的な概念である「コンテントとプロセス」、「プロセスから学ぶ学習の循環過程」等のミニレクチャーとともに、グループワークの体験をしながら、ESD実践者育成のためのプログラムづくりのポイントを学習します。

 

おすすめ:ESDスペシャリスト育成プログラムの全課程を通しでご参加されることをお勧めします!! ESD実践者育成に対する態度とスキルをお持ちいただくためにも、また経費的にもかなり割安にご参加できます。

 

【実施内容(案)】
 ESDスペシャリスト育成プロジェクトでは、第1回ではESDやSDGsなどの概念的な話、第2回は現場で活躍されている活動家の人たちの考えや実践的な活動の報告、第3回はフィールドに出て環境教育におけるプログラムづくりと実施体験、そして今回はラボラトリー方式の体験学習とESDやSDGsとのつながりを考え、自分ごとにしていくという、徐々に自分のフィールドで活動していくためのベーシックな考え方とコアとなる思いを探る講座が計画されています。

 初めに実習を体験しながら「コンテントとプロセス」、「体験学習の循環過程」についての理解を深める小講義の予定です。午後はまず一人になって「私がめざすSDGsは?」を考え、記述し、その後6人を1グループとして伝え、聴き、問いかけをする時間をもちます。対話の終了後にふりかえり用紙に記入、わかちあいを行います。
 これまで積み重ねた3回の講座をもとに、各自が関心のある分野や領域でなにをめざすか、なにをするかを明確にし、その思いを伝え、聴く側はそれに対して受容的にかかわり、時に質問し、時に共感しながら、学び合いの時間を持つ予定です。

 


 

ご予約頂く前に、次の『受講申込手順と受講キャンセルについて』を必ずお読みください。

受講申込手順と受講キャンセルについて

キャンセル待ちを希望される方はこちらのフォームからご連絡下さい

ESD講座申込専用フォーム


カテゴリー