交流から学ぶ

ラボラトリー体験学習を知る

体験学習実践研究会

2016年度 第1回体験学習実践研究会 「コーチング理論を学校教育へ」

 私は日々の教育活動をコーチング理論をベースにして行っています。その実践の中で大切にしていることをお伝えできたらと思います。
 この講座は、参加者の皆さまが「脳と心の機能」を理解し、それぞれの「教育の場(幼児~大人まで)」で活用していただくことを目的としています。体験型講座ですから、コーチング理論を教育現場でどのように活用しているのかを理解しやすいと思います。
 人を育むうえで一番大切なことは、「相手の可能性を信じ続け、勇気を授けること」だと実感しています。子供たちの未来への可能性の扉を開くために、さらに素敵な教育者になるに、どうしたら良いのか考えるキッカケにしていただければ幸いです。

詳しく見る

ラーニングカフェ,交流から学ぶ

2016年度ラーニングカフェ FOR CHANGE 開催のご案内

簡単な自己紹介をかねたチェックインを行い、津村からOSTの意図や枠組みについてお話をした後、参加者から対話をしたいテーマを白紙に書いていただき、出しあう予定です。そして、関心がある人達が集まり、思い思いに自分のアイデアや目指したいこと、試みてきたことなど語り合う対話の時間を1時間ぐらい取る予定です。
 このような対話の場から、参加者がともに大切にしたコモングランド(共通の方向性、めざしたい価値)が浮き上がり、そのディレクションに向けて、ともに動き出すことができるこを願っています。

詳しく見る

ラーニングカフェ

2015年度ラーニングカフェ FOR CHANGE 開催のご案内

 簡単な自己紹介をかねたチェックインを行い、津村からOSTの意図や枠組みについてお話をした後、参加者から対話をしたいテーマを白紙に書いていただき、出しあう予定です。そして、関心がある人達が集まり、思い思いに自分のアイデアや目指したいこと、試みてきたことなど語り合う対話の時間を1時間ぐらい取る予定です。
 このような対話の場から、参加者がともに大切にしたコモングランド(共通の方向性、めざしたい価値)が浮き上がり、そのディレクションに向けて、ともに動き出すことができるこを願っています。

詳しく見る

ラーニングカフェ

ラーニングカフェFOR CHANGEとは

 現在、ワールドカフェとか、OSTとかいった手法が生まれてきたのは自発的な活動が源になっているようです。
 日本体験学習研究所(JIEL)においても、実験的・冒険的試みとして、地域の人々に対話の場を提供して、みなさまがたが今考えている関心事や問題を話し合いながら、どのようなことがそれらの関心事に潜んでいるのかを共有し、共通理解を生まれる場を創ってみることにしました。

 どなたに参加していただいても結構です。ただ、来られる方は、ともに語り合うことを喜びと感じ、他者のために探求する時間とアイデアを惜しまないボランティア精神を発揮し、また話し合っている事柄(コンテント)とありよう(プロセス)にともに責任をもっていただけるとありがたいです。
 このラーニングカフェFOR CHANGEでは、私どもが何か話題を提供するのではなく、参加される方がそれぞれ自分の関心を投げかけるところからスタートしたいと考えています。いかに共有し合える体験ができるか、そのことを楽しみにしています。

詳しく見る

ラーニングカフェ

第3回ラーニングカフェ FOR CHANGE 開催します!!

 2015年7月24日(金)午後7時〜午後9時30分、第3回ラーニングカフェ FOR CHANGE が開催されます。
 第3回もこれまでのように、OSTを用いた互いに学び合う対話の場づくりに挑戦したいと思います。

詳しく見る

体験学習実践研究会

体験学習実践研究会とは

この研究会では、さまざまな領域で人と関わる力の育成に関心をもつ人々に集まっていただき、『体験学習』のための実習教材の体験をしたり、研修教材の開発やプログラムの設計・展開に関する討論を行いたいと考えています。

詳しく見る

体験学習実践研究会

2015年度 第5回体験学習実践研究会 11/14(土)

 第5回体験学習実践研究会は、スペシャル企画です。
 昨年12月に津村&松瀬で実施した「AIアプローチを学び活かす」セミナーの参加者が、一年に再会し、それぞれの活動を報告し合う「AIアプローチ実践研究会全国大会(名前は大きいのですが)」と合同開催ということで、AIアプローチの実践報告を聞くことができます。
 まだ、企画はこれからですが、・・・。いやいや前日の13日(金)に合宿を予定しており、そこで決定になるかもしれませんが、お楽しみにご参加ください。
 今回の定員は、25名とさせていただきます。お早めにお申し込みをしてください。
●開催日時:2015年11月14日(土)13:30〜16:30
●定  員:25名
●会  場:HCC(ヒューマンコラボレーションセンター)地下鉄鶴舞線「原」駅①番出口徒歩3分
●会  費:500円

詳しく見る

体験学習実践研究会

2015年度 第4回体験学習実践研究会 10/17(土)

 1年に少なくともひとつのオリジナル実習を、をという意欲と足かせのもとに、本年度も新しい実習をつくりました。実習にはさまざまなタイプがありますが、今回皆さんにご提供し、取り組んでいただくのは、組織やチームでの活動について考えるプログラムです。複数のチームで競い合う中で、チーム内での自分はどのようにチームにかかわろうとしているか(どのような貢献ができるか・したか)、他のチームの状況や戦略をどのように読み解こうとしたかなど、個人・自チーム・他チームで起こっていることを扱います。組織やチームについて関心のある方はぜひご参加ください。
 チーム対抗のプログラムですので、できる限り多くの方のご参加をお待ちしています。
●開催日時:2015年10月17日(土)13:30〜16:30
●定  員:20名
●会  場:HCC(ヒューマンコラボレーションセンター)地下鉄鶴舞線「原」駅①番出口徒歩3分
●会  費:500円

詳しく見る

体験学習実践研究会

スペシャル企画!! 実践を成功に導くプログラム評価の手法を学ぶ ―Getting To OutcomesTM(GTOTM)で見つけるプログラムの良いところ―

 組織開発、学校教育の実践現場、看護医療の現場など、さまざまな組織や集団、もしくは個人の変革をめざして、私たちは働きかけプログラムのデザインと実践を行っています。ところが、こうしたプログラムはデザインし実施するものの、そのプログラムの評価は実施後にどのようにすればよいですか?といった質問を受けることが多いのです。
 実は、プログラムをデザインする際に評価の視点を組み入れておくことが必要なのです。もちろん、プログラムを実施する前に。もう一度、しっかりと「プログラムデザインと評価」のことを学んでみませんか?
 池田満先生は、GTOというステップを用いたプログラム評価の専門家であります。JIELの特別企画として、急遽、本講座を企画しました。ぜひ、ご参加ください。
 今回は、池田先生のご厚意で、テキスト代金も含めて6,000円という参加費で、講座を実施いただけることになりました。定員12名になり次第締め切らせていただきます。

詳しく見る

体験学習実践研究会

2015年度 第3回体験学習実践研究会 7/11(土)

●開催日時:2015年7月11日(土)13:30〜16:30
●定  員:15名
●会  場:HCC(ヒューマンコラボレーションセンター)地下鉄鶴舞線「原」駅①番出口徒歩3分
●会  費:500円

詳しく見る
4 / 512345

カテゴリー