ラボラトリー体験学習を知る

体験学習実践研究会

第4回体験学習実践研究会:アドラー心理学による「クラス会議」の理論と実際

毎日短時間の「クラス会議」で勇気づけの学級づくりを!
ーアドラー心理学による「クラス会議」の理論と実際ー

              香川県高松市立古高松南小学校 教諭 森重裕二

「クラス会議」は、アドラー心理学の理論に基づいた学級経営として、2000年に「クラス会議で子どもは変わる」(コスモスライブラリー)で日本に紹介された。朝や帰りの会の時間を使って、毎日短時間(10~20分程度)の活動を継続することによって、子どもたちの問題対処能力などのライフスキルを高め、共同体感覚を育み、学級への所属感や自己肯定感を高めていける方法として注目されている。

「クラス会議」の主な活動は3つ。

① 輪になる。
② 「ありがとうみつけ」をする。
③ 「議題の話し合い」をする。

この3つの活動を、短時間で行うという非常にシンプルな活動である。シンプルではあるが、できるだけ毎日継続的に実施することによって、学級の雰囲気が変化していき、子どもたちが相互に関わり合うことができるようになっていったり、学級のルールが確立されていくようになる。

 実際の子どもたちの様子を紹介しながら「クラス会議」の概要や進め方について紹介する。また、模擬的な「クラス会議」を実際に体験し、なぜ「クラス会議」が子どもたちを勇気づけるのか、具体的に運営していくときの注意点はどんなことか、教育課程へのどのように位置づけるのか、などについて紹介する。

(参考文献)
・「クラス会議で子どもが変わる」(コスモスライブラリー)ジェーンネルセンら著
・「クラス会議パーフェクトガイド」(明治図書)諸富祥彦監修、森重裕二著
・「クラス会議で学級は変わる!」(明治図書)諸富祥彦監修、森重裕二著
・「はじめちゃおう!クラス会議!」(明治図書)諸富祥彦監修、森重裕二・但馬淑夫著
・「今日から始める 学級担任のためのアドラー心理学」(図書文化)会沢信彦・岩井俊憲編

 

参加資格:
人間関係力の育成や人間関係づくりに関心をおもちの方、特に「体験」を通して学びの場を創ることに関心をおもちの方ならどなたでも参加可能です。
会 場:
HCC(ヒューマンコラボレーションセンター)名古屋市天白区原一丁目2304 ライオンズマンション原102 TEL/FAX 052-804-1889
参加費:
1,000円(税込)

 

開催日 2016年9月24日(土)13:30〜16:30


カテゴリー