ラボラトリー体験学習を知る

ラーニングカフェ,交流から学ぶ

第3回ラーニングカフェ for Change 2018

カフェマスターの岡田です。
2015年度から開始したラーニングカフェfor CHANGEは今年度で4年目に突入です。引き続き、カフェマスターをつとめます。どうぞ、よろしくお願いします。
さて、2018年度は、話題提供者から20分程度の話を聞き、その話を元に参加者の方々と対話をするという方法にしました。話題提供者は、今までラーニングカフェに参加して下さっている方にお願いしております。
第3回は、患者の会の運営に携わっている野村浩史さんにご登場いただきます。テーマは「医療とコミュニティ~もしバナカードから考える~」です。
あなたはもし余命6ヶ月と、命の締め切りに迫られたらどうしますか?…「もしバナカード」はそんな「もしも」の状況で、何を感じ、どのような選択をするか、ということを考える機会を私たちに与えてくれます。
野村さんは実際にこのカードを使うことは、誰しもが体験する死を迎える準備になると言います。野村さんのナビゲートのもと、いつか来る未来を思い、そして今を生きることの意味を考えながら、みなさんと対話をする時間をもちたいと思います。

 

《スケジュール》
19:00~19:20 チェックイン(自己紹介、近況報告など)
19:20~20:00 もしバナカード 体験
20:00~20:40 対話
20:40~21:00 チェックアウト(今日の体験のわかちあい)
21:00~21:30 交流会(ドリンクとお菓子を楽しみながら)

 

どうぞ、お気軽にご参加ください。お待ちしております!

 

日本体験学習研究所(jiel)

 

開催日時:
2018年6月15日(金)19:00~21:30
開催場所:
HCC(ヒューマンコラボレーションセンター)
会  費:
1000円(1ドリンク付き・税込)

 

 

お申し込みはコチラから

その他のお申込フォーム


カテゴリー