ラボラトリー体験学習を知る

交流から学ぶ,体験学習実践研究会

第4回 体験学習実践研究会

ナラティブ・アプローチをベースにしたリフレクティング・チーム

- 人が問題ではなく、問題が問題である。
  ”The person is never the problem, the problem is the problem.” -

 

                     日本体験学習研究所 研究員 林 芳孝

 

 今日、さまざまなアプローチの仕方がありますが、今回はそのひとつの「ナラティブ・アプローチ」に由来する「リフレクティング・チーム」です。「人が問題ではなく、問題が問題」とするという考えをもつ「ナラティブ・アプローチ」。「「物語アプローチでは、多様な語り、多様なイメージ、多様な物語の同時共存を許容している」そこから導かれる「世界についての新たな別の見方を生み出す生成性と、それによって未来のものの見方や人生を変革していく実践性」がナラティブ・アプローチの大きな強み」と矢原隆行はいっています。自分の中にある問題を<外在化>し、自分を占めている<ドミナント・ストーリー>に気づき、<オルタナティブ・ストーリー>へと<再著述>していく。
 2017年度の第4回体験学習実践研究会では、グループになり、ひとりが自分のことを物語る。他の人は無知の姿勢で聞く。聞き終わった後、他の人が聞いたことについて対話する。後に物語った人も加わり、対話する、という「リフレクティング・チーム」を体験していただく予定です。
 

 

開催日:2017年9月2日(土)13:30〜16:30

 

参加資格:
ナラティブ・アプローチに関心のある方、初めて聞く言葉だけれどなにか惹かれるという方、その他どなたも参加していただけます。
会 場:
HCC(ヒューマンコラボレーションセンター)名古屋市天白区原一丁目2304 ライオンズマンション原102 TEL/FAX 052-804-1889
参加費:
1,000円(税込)

事前のお申し込みは各種お申込みフォームよりお願いします

 


カテゴリー