ラボラトリー体験学習を知る

交流から学ぶ,体験学習実践研究会

第1回 体験学習実践研究会

内的キャリアの視点で自分のキャリアを考える

- エドガー・シャインの提唱した内的キャリアと外的キャリアの考え方を知る -
- 自分の内的キャリアを探求する                     - 

 

                         (株)CDPサポート 上田 敬

 

 エドガー・シャインは、キャリアという言葉には二つの意味があると指摘しています。その一つは外的意味で、それは個人が実際に通っていくステップのことで、たとえば、医者になるのであれば、医学部へ行き、インターン、実習生になり、ようやく専門医になるというステップがあると説明しており、それを「外的キャリア(external career)」と呼んでいます。一方、自分の仕事人生の中で、どこに進んでいるのか、どのような役割を担っているのかについての主観的な感覚が「内的キャリア(internal career)」です。
 自分の内的キャリアを探求することは、自己キャリアの理解を深めることであり、それによって自分らしく生き働くこと、自己キャリアの充実の支えになると考えられます。 シャインはキャリアアンカーという考え方を提唱していますが、これはキャリアにおけるセルフイメージであり、内的キャリアそのものといってよいものです。
 今回、自分のキャリアアンカーを考える演習を通して、外的キャリア、内的キャリアというキャリアを捉える二つの意味の理解を深めます。改めて自分のキャリアを考える契機や他者のキャリア開発を支援するヒントにしていただければ、と考えています。

 

参加資格:
このテーマに興味のある社会人(一定期間の仕事経験のある人)の方ならどなたでも参加していただけます。
会 場:
HCC(ヒューマンコラボレーションセンター)名古屋市天白区原一丁目2304 ライオンズマンション原102 TEL/FAX 052-804-1889
参加費:
1,000円(税込)

事前のお申し込みは各種お申込みフォームよりお願いします

 

開催日 2017年5月20日(土)13:30〜16:30


カテゴリー