ラボラトリー体験学習を知る

ラボラトリー方式の体験学習とは

 ラボラトリー方式の体験学習のことを、ラボラトリー体験学習と呼ばれることがあります。ラボラトリーとは、実験室という日本語訳が一般には使われます。しかし、人間関係を実験室で学ぶとなると、少し違和感を感じる方も見えるかもしれません。もともとは、K.レヴィンと仲間たちによって、グループダイナミックス研究の成果を用いた民主的風土づくりのためのワークショップから誕生した学習方法です。

 1947年に始まった「Human Interaction Laboratory」のラボラトリーから由来しています。人間関係(自己理解、他者理解、グループダイナミックス、リーダーシップなど)を学習者(参加者)自らがいろいろと試み(実験し)ながら学ぼうとする学び方です。私どもJIELでは、その学び方のキー概念は、「コンテントとプロセス」と「体験学習の循環過程」であると考えています。

 私たちが日常グループや対人間で話し合っている際の課題や話題を「コンテント」とよび、その課題や話題に向けて活動をしている間に、個人の内で、また対人間やグループ・組織の中で起こるダイナミックスが「プロセス」です。下図のように氷山図で示されます。「コンテント」と「プロセス」は表裏一体のものであり、どちらも大切に扱うことが必要です。

プロセスとは?
また、その「プロセス」における気づきを大切にして、分析して概念化したり、次回の新しい場で試みる課題を考えたりするステップを「体験学習の循環過程」とよび、学びの大切なサイクルとして、下図のように示されます。

ラボラトリー方式の体験学習とは?

 このコーナーでは、ラボラトリー方式の体験学習の実践に関する基本的な考え方を理解していただくためにさまざまな資料や教材を公開したり、直接集い交流を通して理解を深める学びの場などの情報を提供しています。


交流から学ぶ

 文献や書籍、オンライン情報では、ラボラトリー方式の体験学習を実感、体感をもって知ることは難しいと思われます。直接、体験学習になんらかの関心をもっている人たちが集まり、直接体験をすることなどを通して、ラボラトリー方式の体験学習の理解を深めることができる場として「学びの場」を開催しています。一つは、体験学習を体験する場としての「体験学習実践研究会」と、体験学習のルーツでもある人々が集まりそのグループダイナミックスが問題解決の糸口を見いだすことができる機会を提供するために「ラーニングカフェFOR CHANGE」を開催します。

 

体験学習実践研究会

 長く南山大学にて、開催をしてきた「体験学習実践研究会」を引き続き、JIEL主催で開催をします。本研究会では、基本的には、どなたかに体験学習の実習教材を提供していただき、提供者がファシリテーターになり参加者はそのオリジナルの実習を体験するとともに、その体験学習の進め方などをめぐるファシリテーションについて、話し合いをします。話題提供者も参加者も、まさにともに学び合う場です。
 年に5回の体験学習実践研究会が開催予定です。各回の内容は、体験学習実践研究会のページをご覧ください。参加資格は、特にございません。「体験学習ってどんなのだろう?」「少し体験学習を始めたけどもう少し理解を深めたい」「新しい教材をもっと知りたい」など幅広い関心でお越しくだされば結構です。

 

ラーニングカフェFOR CHANGE

 K.レヴィンの研究仲間で、R.リピット氏は、ずいぶん前の話ですが、自宅を地域の人々に開放して、週末集まってきた人たち同士で自分の関心事をテーマに対話をしていたそうです。その過程で、自分の問題が明確になったり、その対話の中でコモングランドが生まれたり、それぞれの場における問題解決や社会変革に向けてのソルーションやアクションプランが創出されたそうです。現在、ワールドカフェとか、OSTとかいった手法が生まれてきたのもこうした自発的な活動が源になっているようです。
 日本体験学習研究所(JIEL)においても、実験的・冒険的試みとして、地域の人々に対話の場を提供して、みなさまがたが今考えている関心事や問題を話し合いながら、どのようなことがそれらの関心事に潜んでいるのかを共有し、共通理解を生まれる場を創ってみることにしました。
 どなたが参加していただいても結構です。ただ、来られる方は、ともに語り合うことを喜びと感じ、他者のために探求する時間とアイデアを惜しまないボランティア精神を発揮し、また話し合っている事柄(コンテント)とありよう(プロセス)にともに責任をもっていただけるとありがたいです。
 このラーニングカフェFOR CHANGEでは、私どもが何か話題を提供するのではなく、参加される方がそれぞれ自分の関心を投げかけるところからスタートしたいと考えています。いかに共有し合える体験ができるか、そのことを楽しみにしています。
日程は別に示されますので、関心をもたれましたら、開始時間に会場のHCCに足をお運びください。


ミニレクチャー

ラボラトリー方式の体験学習に関する知識を提供するページです。3つのタイプのミニレクチャーを準備しています。

動画ミニレクチャー

現在、Youtubeにて公開している津村の体験学習に関わる18話を紹介いたします。動画ですので、ご自身の学び、時には、参加者に提供する動画としてご利用いただいても結構です。
 

書き下ろしミニレクチャー

こちらは、文字情報として、さまざまなテーマで書き下ろした記事を紹介しています。随時、さまざまな雑誌等に投稿した内容も紹介していきます。
 

邦訳ミニレクチャー

米国NTL Instituteのメンバーが書き下ろしたミニレクチャーを邦訳して紹介しています。原典は古い文献ですが、まさに体験学習の原点を理解するのには役立つでしょう。

実習教材

ともすれば、体験学習の教材は、著作権があったり、特別の書籍にしか掲載されていなかったりして、手に入れにくいものです。出来る限り、当日本体験学習研究所では、読者の皆様がラボラトリー方式の体験学習を身近に感じることができ、すぐ実践のトライアルができるような環境を創りたいと考えています。そこで、このページでは、私どもが開発した実習教材を無料で提供させていただきます。実習教材の使用に関しましては、みなさまにお任せしますが、使用時にはどのような対象にどのような目的で実施されるかをご報告をいただけますようにお願いします。ぜひ、体験学習実践研究会などでも発表していただくのも読者の方相互の研鑽の場になると考えています。
実習教材の種類としては、

 

 

 をカテゴリとして準備しています。

 

※まだまだこれから構築をしていくつもりでいますが、読者の皆さんからの実習の投稿も楽しみにしています。ぜひ、ご投稿ください。そして、お料理のクックパッドのように、このページが体験学習のクックパッドになることを期待しています。


体験学習用語集

このページでは、ともすればわかりにくいラボラトリー方式の体験学習の世界で使われている用語を、できる限り容易な言葉で説明することを試みています。まだまだ十分の語彙数ではありませんが、皆様方からお問い合わせメールで、ご質問をいただけましたら、その回答を掲載してアップしていくことも考えていますので、言葉に関するお問い合わせも歓迎です。

体験学習用語集


体験学習Q&A

ラボラトリー方式の体験学習を体験してもらったり、実際に実施するためのプログラムにご参加いただくと、さまざまな質問をいただきます。そのときの記録をもとに、体験学習Q&Aのページを創りました。関心をもたれた質問があり、お役に立つならば、幸いです。これからもQ&Aはコレクションを続けていきます。新しいQ&Aの登場も楽しみにしてください。また、体験学習用語集と同様に、何かご質問がありましたら、どうぞ遠慮なくお問い合わせよりご質問を投げかけてください。

体験学習Q&A