ラボラトリー体験学習を知る

カ行

学習サイクル

体験から学ぶために、基本的なステップを考えている。それは、<体験>→<指摘>→<分析>→<仮説化>というサイクルと、<仮説化>したことを、さらに次の<体験>へと試みていくことで、新しいサイクルを踏んでいく学びを指し、体験学習の循環過程と呼んでいる。日常的な表現として、<やる>→<見る/気づく>→<考える>→<これから課題作り>と考えてみると分かりやすいかも知れない。
参考◆円環のプロセス とか、◆循環過程などとも呼ばれる。


カテゴリー