ラボラトリー体験学習を知る

ア行

NTL Institute(エヌ・ティ・エル)

 1946年夏の米国コネティカット州で開かれたワークショップ後、1947年にメイン州ベセルにて全米教育協会(National Education Association)や大学のいくつかの研究機関の協力のもと[集団発達に関するナショナル・トレーニング・ラボラトリー(National Training Laboratories in Group Development:NTLGD)」を開催したのがNTLのはじまりです。1963年まで全米教育協会の成人教育部門の教育機能を果たしていましたが、1967年にNTL Institute for Applied Behavioral Scienceと名称を変更し非営利組織として運営されてきています。
 ラボラトリー方式の体験学習のコアプログラムとして、65年にわたりTグループを実施してきています。そのほかに、リーダーシップ開発やジェンダーやダイバーシティにかかわるワークショップ、組織開発に関わる多数のプログラムを開催しているラボラトリー教育の歴史ある機関です。(文責:津村 俊充)


カテゴリー