JIELとは

スタッフ紹介

■ 代表理事・所長

tsumura-b津村 俊充(南山大学名誉教授)

 名古屋大学大学院教育心理学専攻博士課程前期修了。教育学修士。さまざまな教育現場や組織開発への体験学習の導入・普及に関心をもつ。また、企業のリーダーシップトレーニング、メンタリング導入研修などのプログラム開発と実践。マサチューセッツ大学教育学大学院にてセルフサイエンスを学ぶ。同時にNTLにてラボラトリー方式の体験学習のトレーナートレーニングを受ける。最近は、NTL主催のAppreciative Inquiry Approachによる「Designing Experiential-Based Learning」のプログラムなどに参加し、対話型組織開発に関心をもつ。南山大学名誉教授。2011年に、日本人では初めてNTL Instituteメンバーとして認められる。

ブログはこちら

■ 名誉研究員

Exif_JPEG_PICTURE星野 欣生 (南山短期大学名誉教授)

 京都大学法学部卒業。家庭裁判所調査官、ビジネスコンサルタントを経て、現在、南山短期大学名誉教授。米国SIT(School for International Training)にて体験学習の教授・学習過程を研究。NTLでラボラトリーメソッドによる体験学習の基礎と実践応用を学ぶとともに、トレーナートレー ニングを受ける。生涯学習、組織開発、とりわけ組織内教育や組織内教育のトレーナー養成を専門とする。

■ 研究員(アルファベット順)

hayashi林 芳孝(南山大学大学院人間文化研究科教育ファシリテーション専攻修了)

 慶應義塾大学法学部法律学科卒業。情報機器メーカーに就職し、海外営業、商品企画、新事業立ち上げ等に従事。退職後、国際協力事業団の派遣によりブラジ ル・リオデジャネイロ市において移住者・日系人・日系団体の支援活動事業に携わる。人が、その人らしく幸せに生きること、そして、ともに幸せに生きていく 社会の創造を目指している。現在、大学で体験学習を活用したキャリア教育を実施している他、様々な分野でコミュニケーション、リーダーシップ、ファシリ テーション研修等を行っている。産業カウンセラー、社会保険労務士の資格を有し、経営労務の分野も明るい。趣味:ジョギング、水泳、オリジナル実習づく り。修士(教育ファシリテーション)。

ブログはこちら

今岡 まゆみ 高校卒業後、航空会社に入社、約17年勤務している間に通信教育で大学を卒業。介護離職後、人にかかわる法律を学びなおし、2005年から6年間は労働局等の行政機関で勤務。育児・介護休業法、労働基準法、ハラスメントなどの相談・個別労働紛争にかかわる業務に携わる。様々な相談の中には、人間関係にかかわる配慮不足や尊重しあう関係性がないためにトラブルになっていくケースがあり、関係性の構築がいかに大切かを思い知る。ハラスメント予防やメンタルケアにも役立つ相互尊重のコミュニケーション=アサーションの探求を続け、社会貢献をめざしている。特定社会保険労務士。産業カウンセラー。ハラスメント防止コンサルタント。財団法人生涯学習開発財団認定ワークショップデザイナー。キャリア・コンサルタント。

ブログはこちら

kishida岸田 美穂 (南山大学大学院人間文化研究科教育ファシリテーション専攻修了)

 名古屋大学教育学部教育心理学科卒業後、教育関係の広告代理店にて、高校生の進路選択に関する情報提供、広報やイベントの企画提案、改革支援、大学生の進 路・就職支援に関するプランニング・講演、キャリア相談などにかかわる。自らが主体的にキャリアを選択するためのかかわりを模索する中で体験学習と出会 う。マネジメント職として社員の成長、お互いを活かしたチーム、組織変革、個人とグループの発達などにも関心をもつ。学習者の可能性を信じ、個を生かし、 共に学び、成長していくファシリテーションをめざしている。修士(教育ファシリテーション)。

ブログはこちら

mizuno水野 節子 (南山大学大学院人間文化研究科教育ファシリテーション専攻修了)

 日本福祉大学福祉経営学部助教。アサーション・トレーニングやNVC等の自他尊重のコミュニケーションの研究と実践を続ける。2014年より現職。赴任前は25年間プランナー、コピーライターとして活動。数多くの企業取材を通じて、人的資源の有効活用と組織開発に興味を持ち、南山大学大学院人間文化研究科教育ファシリテーション専攻に入学。大学院在学中から、ライターとしての活動とともにファシリテーターとしての活動を開始した。キャリアコンサルタント。2級キャリアコンサルティング技能士。米国CCEInc認定GCDF-Japan。修士(教育ファシリテーション)。

ブログはこちら

okada岡田 衣津子(南山大学大学院人間文化研究科教育ファシリテーション専攻修了)

 南山短期大学人間関係科卒業。アパレル通販会社へ就職後、祖母の介護体験をきっかけに退職し、ソーシャルワーカーとして精神科病院に勤務。主に精神科デイケアにおいて、個人のエンパワメントの向上を目的とした学習プログラムを立案し、実践した。現在は、医療福祉の専門学校で後進の育成にあたるかたわら、市役所職員としてコミュニティ活性化の支援を行っている。地域福祉の推進や、コミュニティにおける住民の主体的参加に関心を持ち、未来思考の対話の方法とステークホルダー同士の関係づくりに関する実践と研究を行っている。まずは身近なところから「民主的風土の醸成」を目指している。社会福祉士。精神保健福祉士。修士(教育ファシリテーション)。

ブログはこちら

suzukiyuko鈴木 由子 (南山大学大学院人間文化研究科教育ファシリテーション専攻修了)

 看護専門学校を卒業後、看護師として総合病院に29年間勤務。看護医療の分野に対人関係能力の向上が不可欠と気づき、ラボラトリー方式の体験学習を学ぶ。その中で看護師は、ファシリテーターとして存在することが看護およびチーム医療には必要と考えようになる。その他にもアサーション、AI(Appreciative Inquiry)アプローチ、マインドフルネスなどを学んでいる。これからの人材育成には、問題解決思考よりはアプリシェイティブな物の見方が必要だと考え実践を行い、組織に広がることを目指している。現在は病院を退職して、医療・福祉施設を主にコミュニケーション、リーダーシップ、ファシリテーションなどの講師を行っている。ほかにも、県内の看護専門学校2校の非常勤講師として人間関係論の講義を担当する。
修士(教育ファシリテーション)。

ブログはこちら

上田 敬 (南山大学大学院人間文化研究科教育ファシリテーション専攻修了)

 京都大学法学部卒業。1982年から2010年まで日立製作所に勤務し人事関連業務に従事。2000年から2010年まで同社でキャリア開発支援施策を責任者として推進。2010年に独立し(株)CDPサポートを設立。制度設計・運用、キャリア研修、キャリアカウンセリングなどキャリア開発施策のコンサルティングを企業向けに実施している。「個を活かし組織を活かす」個と組織の共生する社会の実現が仕事上の目標。個人のキャリア開発に加えて、人と人との関係の力を積極的に活かすことが重要と考え、企業での実務経験と大学院での学びをもとに、組織開発のコンサルティングやリーダーシップ、コミュニケーションなどの社員研修を行っている。ラボラトリー方式の体験学習のほか、ソリューションフォーカス、アサーションを主な基盤としており、診断型ODやAIも用いている。
著書:キャリア開発・キャリアカウンセリング(共著)(生産性出版)、
キャリアデザインへの挑戦(一部執筆)(キャリアデザイン学会監修)他
論文:上司の部下コンプリ面とその影響に関する研究(経営行動科学学会)

ブログはこちら

保存

保存

保存

保存

保存

保存


カテゴリー