ESDスペシャリスト育成講座

Education for Sustainable Development ESD 「持続可能な開発」のための教育
今が、未来の「今」をつくる時。
「今」につなげるESD スペシャリストの育成プログラム、開講します。

 


「学び方を学ぶ」
--生きる力を育む

 

私たち日本体験学習研究所(JIEL)は、共に生きる社会をめざし、人間尊重を基盤として、人間関係やチームづくり、組織開発、ファシリテーター養成講座などのプログラムの開発と実施をしてきています。その学びの核が「ラボラトリー方式の体験学習」。自ら学び、人と人とが体験しながらつながる学習法です。

 

ESDがめざし、育もうとしているものは、「人間の尊重」、「多様性の尊重」などの価値観、体系的な思考力、批判力、分析能力、コミュニケーション能力、リーダーシップの向上です。主体的に学び、行動する力の育成を実践してきている私たちJIELの理念や活動は、ESD、ひいてはSDGs(持続可能な開発目標=Sustainable  Development Goals)への到達と重なり、つながっています。


ESDスペシャリスト育成プロジェクト
--ESDを実践する人を育てる

 

「ESD実践者は忙しすぎて、人材育成に手が回らない」、「ESDがめざす行動につながる価値観や考え方を伝えることがむずかしい」。こうしたESD実践者の声に応えるため、ESDスペシャリスト育成プログラムを始動します。
ESDスペシャリストとは、ESDの理解とともに、ESDを実践する人を育てたり、支援したり、共に学ぶ場をつくったりすることができる人です。

ESDスペシャリストとは

 

  • ESDを実施したいと考えている人材の育成を行う人
  • ESDの理念、考え、価値観、知識などを広める人
  • ESDを行うためのプログラムやシステムをつくる人
  • ESDにかかわるプロジェクトを立ち上げる人
  • ESDにかかわる人や組織をつなぐネットワークをつくる人
  • ESDに携わる人や団体を支援する人、もしくは団体

講座で学べること
--「人とかかわるということ」「体験から学ぶということ」

 

ESDスペシャリスト育成講座では、「よりよい未来を描き、人と共にESDを実践していく力を育む」という理念の下、全6回の講座を実施します。
先駆的に活動している講師陣を招き、ESDの経験や知識をわかちあうとともに、JIELの体験学習のファシリテーター養成プログラム実践と融合させながら実施をします。

主に期待される学びや収穫は

 

  • ファシリテーション力の向上 ーーESD学習者が自ら気づき、学び、行動をすることを促すスキルの修得
  • プランニングとプログラミング力の向上 ーーESDの全体設計や個々のプログラム設計、プログラムの構成にかかわる知識やノウハウの修得
  • ネットワーキングづくり ーー多種多様な分野や領域のESD従事者・実践者・スペシャリスト同士の連携づくりパートナーシップづくり ーー互いの強みを生かしあい、弱みを最小限にして最大効果を産み出す仲間づくり
  • ポジティブ・ドリーミング ーーよりよい未来を描くための知識・知見や、未来に向けての構想力・共創力の向上

私たちJIELからのメッセージ
--願いと期待

 

ESD実践者スペシャリストの育成は、現状のESDの課題を解決していくためばかりではありません。私たちはどのような未来を創るのか、どのような未来を子どもたちに引き継ぐのか、それを共に考え、共に行動に移していくことをめざしています。

講座は全6回で全体設計をしています。各回単科での参加も可能ですが、学びの効果を最大化するためにも全回を通して受講されることがおすすめです。

こんな人にぜひ

 

  • 現在、ESD活動に携わっていて、さらに知見を増やしたい人
  • 現在取り組んでいるESD活動を見直したい人、再確認したい人
  • 学校教育等でESDが求められ、これから実施を考えている人
  • ESDにかかわるファシリテーション・スキルを高めたい人
  • ESDのプログラム開発力を高めたい人
  • 次世代のESD実践者の育成をしたいと考えている人
  • 他のESD実践者とのネットワークやパートナーシップづくりをしたい人
  • よりよい未来を共に描く構想力を高めたい人
  • ESDに興味や関心のある人、ESDとはなにかを学びたい人
  • 今を憂い、未来のためになにかしたいと思っている人


ESDスペシャリスト育成に携わる多彩な講師陣

津村 俊充
一般社団法人日本体験学習研究所
所長・代表理事
南山大学名誉教授

 
長年様々な教育・組織開発へのラボラトリー体験学習の導入・普及に努める。体験学習のファシリテーターの知見と実践を踏まえ、環境教育実践者(インタープリター)のファシリテーション力向上にも力を注ぐ。00年自然体験活動における体験学習法の調査研究報告書を刊行(自然体験活動専門家との共著)。02年より(公財)KEEP協会環境教育事業部主催「環境教育指導者のための体験学習法セミナー」を開催中。日本で初めての米国NTLメンバー。

古澤 法之
よりあい工房
ばんどり
副代表

 
化学メーカー研究員、専門学校講師(環境系)を経て独立。2005 年「愛・地球博」里の自然学校でネイチャーガイドを務めたのを契機に野外活動に専念する。現在はフリーランスでインタープリテーション、体験型環境教育、キャンプ等アドベンチャー体験を通じたチームビルディングを行っている。
山田 俊行
トヨタ白川郷自然學校學校長
NPO 法人白川郷自然共生フォーラム常務理事

 
1997年「森林たくみ塾」に入塾し、家具作りと環境教育を学ぶ。1999年同塾講師として環境教育事業の企画・運営に携わり、「モノづくり環境教育」担当。オークヴィレッジ森の自然学校の運営、「ひだきよみ自然館」立ち上げに関わった後、トヨタ白川郷自然學校環境教育事業部マネージャー、事務局長後、現職。
川嶋 直
公益社団法人日本環境教育フォーラム理事長
 
1980年山梨県清里のキープ協会に就職。84年から環境教育事業を担当。インタープリターとして自然の中での参加体験型の環境教育プログラムの開発・人材育成を実施。2010年よりKP法(紙芝居プレゼンテーション法)を駆使した研修ファシリテーター、企業・行政・NPOの環境教育アドバイザー。自然体験活動推進協議会理事。日本インタープリテーション協会理事。立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科兼任講師。
鳥屋尾 健
公益財団法人キープ協会
環境教育事業部 事業部長

 
生涯学習・社会教育を学び、非常勤中学校講師、援農等を経て、00年から(公財)キープ協会環境教育事業に参画。林野庁、環境省、青年海外協力隊(JICA)、愛・地球博森の自然学校、葛西環境教育フォーラム等多方面の人材育成事業に関わる。幼児~シニア・家族、地域~国際、学校、企業、社会教育施設等幅広く自然体験をベースとした学びの場作りにあたっている。15年より山梨県地球温暖化防止活動推進センター事務局長兼任。17年より現職。
三小田 博昭
名古屋大学教育学部附属中・高等学校 主幹教諭
 
2011年10月名古屋大学教育学部附属中・高等学校が名古屋市内の高等学校で初めてユネスコスクールに登録。校内ESD活動で環境問題・平和学習・国際理解教育を中心に行っている。2006年よりSSH(スーパーサイエンスハイスクール)、2015年にはSGH(スーパーグローバルハイスクール)に指定され、全校生徒を対象に研究実践を展開している。
西村 仁志
広島修道大学人間環境学部
教授、博士(ソーシャル・イノベーション)

 
1993年に環境教育の専門事務所「環境共育事務所カラーズ」を開業。環境学習・市民参加まちづくりのコーディネート、コンサルティングや研修会、イベント等の企画運営などに携わる。同志社大学大学院総合政策科学研究科准教授を経て、2012年より現職。
水谷 央
NPO 法人もりの学舎自然学校
 
05 年愛知万博森の自然学校インタープリター、07 年から愛知県環境学習施設「もりの学舎」インタープリター、10 年NPO 法人「もりの学舎自然学校」理事となり、16 年3 月に代表理事就任。もりの学舎の事務局スタッフとして従事。また愛知海上の森大学の森の保育者養成講座で「生きもの講座」担当。同暮らしの講座では、山で木を伐り、火打石で火をおこす「火おこし」講座を担当。


SDGs-持続可能な開発目標とともに

 

「持続可能な開発目標(SDGs: Sustainable Development Goals)」は、2015年9月に国連で採択された新たな目標です。「貧困をなくそう」、「質の高い教育をみんなに」、「働き甲斐も経済成長も」など、SDGsは2030年を達成期限とする17の目標を定めています。
ネイティブ・アメリカンがいっています、「地球に見捨てられたら人間は生きてゆけない」。今まで地球に育まれたわたしたちは、次世代の、次々世代の「わたしたち」に今をつなげ、未来の「今」のために地球を守り、地球を愛することが求められています。
日本体験学習研究所(JIEL)は、国連のSDGsをめざすとともに、とくにESDに携わる人、携わろうとする人を支援し、そのことを通して社会に対する貢献と責務を果たしていきます。
(出典:しおうらしんたろう(2006)「ネイティブ・アメリカンのこころがよろこぶことば」東京書籍)